京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です。

トップ » 03)悠悠ゆかりの方々

オンラインショップバナー

大西秀典(おおにしひでのり)先生

dr.onishi.jpg大西先生のお名前は、以前から生活医学のジャーナルで存じ上げておりましたが、おつきあいは先生がストレスクリニック・おおにし内科を開設されて以降です。代替医療を心がけているドクターとして、私どもと同じ目線で体と心を考えて下さる先生です。黒米母湯の推薦文を書いていただいたり、医学的なご相談に乗って頂いたり、様々な応援をいただいております。

■大西秀典先生のプロフィール■

昭和24年香川県生まれ。
昭和51年京都府立医科大学卒業。第三内科入局。
大学院時代より多田政一博士に師事し、昭和56年より日本生活医学センター医長。
昭和59年第二京都回生病院内科医長、平成5年内科部長に就任。
平成2年には国際心身医学会アジア部会で学会賞を受賞。
平成7年よりYOU・Iクラブ西日本支部長および日本生活医学センター副所長を兼任。
同年末にストレスクリニック・おおにし内科開設。

(社)日本心身医学会 元評議員
(社)日本内科学会 認定内科医

2005年01月11日 : 13:23 | コメント (0) | トラックバック

今中孝信(いまなかたかのぶ)先生

今中孝信先生は、体をまるごと診る「全人医療」という考え方を提唱されているお医者様です。10年近く前、悠悠のお客様のお見舞いに天理よろず相談所病院へ行ったとき、地下の売店で先生の著書『生き方が健康を決める』に巡り会い、その思想に共感し感動した勢いでお手紙を差し上げたのがご縁の始まりです。

今中孝信先生■今中孝信先生のプロフィール

1936年 兵庫県生まれ
1961年 大阪大学医学部卒業
1969年 同大学医学部助手
1973年 大阪大学医学博士取得
1972年 天理よろづ相談所病院血液内科医員
1976年 同病院主任マネージングドクター
1984年 総合診療教育部長
1993年 副院長
2000年 同病院を定年退職

■現在の活動

同病院総合診療教育部非常勤医師、大阪大学非常勤講師、近江ふるさと会高齢者問題
研究所長、NPO法人医療教育情報センター理事。1976年以来、わが国で初めて天理よ
ろづ相談所病院に導入された総合診療の中心となってその発展に寄与した。同時に、
医師の卒後臨床研修の責任者を務め、総合診療方式による研修を定着させた。2004年
4月から必修化された医師の臨床研修は総合診療方式を基盤としており、同院はその
先駆けとなった。2004年7月日本医学教育学会より「医学教育賞」を受賞。「健康」
についても総合診療的な考えを持ち、20数年にわたって自ら玄米食と早起きを実践し
ている。

■健康に関する著書■

『健康に生き 健康に病み 健康に死ぬ』(天理教道友社)
『生き方が健康を決める』(天理教道友社)
『玄米食の本』(共著 正食出版)
『健康と医療 用語事典』(共著 中央法規出版)
『末病クリニック』(共著 中央法規出版)

2005年01月10日 : 12:15 | コメント (0) | トラックバック

石田勝正(いしだかつまさ)先生

石田勝正先生「健康食品の店はまだ」の時代から、支援して下さっているお医者様です。現在、地下鉄北大路駅(烏丸北大路東南角)で「石田診療所」を開業しておられます。2005年は「心の医学」というテーマで連続セミナーを開催していただくことになりました。

■石田勝正先生のプロフィール■

昭和11年名古屋生まれ・京都大学医学部卒
昭和52年医学博士号取得
前・国立京都病院医長
  石田診療所院長
  龍谷大学非常勤講師

先天性股関節脱臼の発生・防止の研究と実践の成果により京都新聞文化賞受賞。神経、筋肉、骨、関節など運動器の外科(整形外科)の他、精神医学にも深く携わる。日本児童青年精神医学会会員。

■著書■

『図説・先天性股関節脱臼-予防・みかた・治し方-』(金原出版)
『抱かれる子供はよい子に育つ』(PHP研究所)
『生きる原点』(ミリオン書房)
『心って何だろう』(麗澤大学出版会)

抱かれる子供はよい子に育つ 生きる原点 心って何だろう

2004年12月28日 : 16:22 | コメント (0) | トラックバック