京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です。

トップ » 04)「心の医学」セミナー・石田勝正先生

オンラインショップバナー

心で包む抱っこの力。藤原真希枝さんの講演会の案内

寒さひときわ厳しい毎日が続いておりますが、皆様お変わりございませんか?
さてこのたび、心の科学勉強会の一環と致しましてNHKテレビでおなじみの、藤原真希枝さんをお呼びして、講演会を開催させていただく運びになりました。

ところ。メルパルク京都(旧ぱるるプラザ京都)京都駅の北東に隣接

日時平成20年3月2日(日)13時30分~15時30分

会費2500円

抽選にて10名さまにベビー用スリングと、(抱かれる子供は良い子に育つ)の本をプレゼントします。

定員40名さまです。お早く事務局までお申し込みくださいませ。

お子様ご同伴も歓迎します。


2008年01月26日 : 11:16 | コメント (0) | トラックバック

{とっておき!スリング(安心、快適な抱っこのこつ}

このたびNHK出版から、「とっておき!スリング(安心・快適な抱っこのコツ)」という本がしゅっぱんされました。著者は、「心で包む{抱っこの力}」(62ページ)、「安心から、自信、そして笑顔へ」(63ページ)のあとがきをお書きになった藤原さん姉妹。そして、NHK出版の木下まゆみさんの編集力がマッチしてできあがった本です。この本を次のように私は評価しています。
「この本の役割は、愛の奪還である」。「世界や日本が今求めていた本はこれだ!」。
「戦争反対」、「温暖化防止」、「殺人の阻止」、「自殺の予防」なども大切なテーマですが、そのまえに必要なテーマは、「愛の奪還」です。様々なトラブルの原因の大元は、「愛の弱化」にあるからです。
「愛とは万物を結びつける力である」として、古代ギリシャや、ローマでは、愛の象徴をエロスやキューピットとしました。それは人間の場合にも当てはまります。胎児は「胎内の安らぎ」を覚え、生まれてからも赤ちゃんは、「安らぎ」を求めて母親の胸に抱かれることをのぞみます。その「安らぎ」が、母子を結び付けます。それで抱かれる「安らぎ」が愛の元になるのです。

そのようなわけから、「胎内の安らぎ」を再現してくれる*心で包む*抱っこ道具は「愛の奪還」の役割を担っていると言えるのです。(59ページの「赤ちゃんの股関節脱臼の予防」もよろしくおねがいします。)

石田勝正

2007年10月20日 : 16:43 | コメント (0) | トラックバック

「心の科学」勉強会が無事に終わりました

---2月26日(日)ぱるるプラザ京都---
とても寒い雨降りに見舞われた日曜日、「心の科学」勉強会が開催されました。
主催者側としては「大雨降り」という天気予報だったので、ご参加くださる皆様に陰りが出るのではないかと心配しておりましたが、いらぬ取り越し苦労でした。

blog 212.jpg blog 213.jpg

予定数を遙かに超え、欠けるひとは誰もありませんでした。
また、遠方から毎回参加してくださった方もいらして、嬉しく思いました。

今回のテーマは、愛情(思いやり)と関心でした。
石田先生は「愛情は本能」、「こころ学と医学」冊子をお作りになり、参加者の皆様にテキストとして用意をされ、お話をすすめて行かれました。

石田先生の医療活動の中での臨床実例もあげられ、先生の治療で良くなられた患者さんやご家族の方も参加され、”先生のおかげで娘も元気になった”と喜んでくださっているご家族の言葉に、この会をお手伝いさせていただけ、本当に良かったと思いました                               "心の科学”の勉強会の趣意のひとつは、凶悪犯罪が絶えないわけを知って、皆でその対策を考えることです。今回は「愛情と関心」(思いやりと好奇心)が本来は、人間の資質(本能)であることを取り上げます。石田先生は、臨床を通して多くの人々の観察を続けているうちに、最初は気づきであった「愛情が本能である」ことを確信するに至ったのです。「愛情が本能である」とは、全ての人が心の奥に愛情を持っているということでもあります。ですから、その本能を刺激して愛情を心の表面に引き出すようにすれば、愛情は日常生活の中で活用しやすくなります。それが「愛情を強化する」ということなのです。人生には愛情をより強く必要とすることがあります。例えば、恋愛をした時、家族や自分が困難に遭遇した時、災害にあった時などです。そのような時に、この愛情強化の考えが役に立ちます。あるいは、凶悪犯罪の防止策、心の病の予防と治療の対策、自殺の防止策などにもこの考えが役立つでしょう。愛情は誰の中にもある本能ですが、本能は居眠りが好きで刺激して起こさねばなりません。無数の本能が一度に出てきては混乱するからです。本能を刺激することが大切なので、愛情本能論を「愛情本能刺激論」と名づけました。

愛情は本能の小冊子をご希望の方は1冊300円で販売しておりますので、お気軽に下記までお申し付け下さいませ。

blog 214.jpg

濱田 info@kurogome.jp

2006年02月28日 : 13:59 | コメント (0) | トラックバック

2月26日「心の科学」勉強会のご案内

-------------------------------------------------------------
 前略、「心の科学」勉強会シリーズの最終回です。
この会の趣意の一つは、凶悪犯罪が絶えないわけを知って、
皆でその対策を考えることです。 
 今回は、「愛情と関心」(思いやりと好奇心)が本来は
人間の資質(本能)であることを取り上げます。
そこに今日の世情のよくない面を改善する「鍵」が 
あると考えます。
 
 ご来聴を歓迎申し上げます。    草々 
                          石田勝正 
-------------------------------------------------------------

いよいよ「心の科学」勉強会も最終回を迎えます。
参加お申し込みされていない方はお急ぎくださいませ。

■演題「愛情(思いやり)と関心」

■講師:石 田 勝 正 先生
・石田診療所院長
・龍谷大学非常勤講師
・前・国立京都病院医長
◇著書
・「心って何だろう」--幸せの心理学--(麗澤大学出版会)
・「抱かれる子どもはよい子に育つ」--心をはぐくむ愛の心理学--(PHP研究所)
・「生きる原点」--心のはたらきを科学する--(ネオ書房)

■日時:平成18年2月26日(日)PM1:30~4:00

■ところ:ぱるるプラザKYOTO JR京都駅北東側
      6F会議室 TEL:075-352-7444 駐車場あり

■受講料 
お一人・・・・・・・・・500円
(受講料は会場費に充てます。)
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母・お友達などお誘い合わせご参加下さい。
(小さな子供様づれも可)

*セミナー終了後PM5:00より
石田先生を囲んで懇親会を開催いたします。
一人\3000(飲み放題)ですが、参加ご希望の方は2月23日までに事務局までお申し込み下さい。

■お申し込みは「心の科学」勉強会 (事務局 (有)悠悠 はまだ まで)
〒612-0847 京都府京都市伏見区深草大亀谷大山町21-1
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

お早めにお申し込み下さいませ。

2006年02月16日 : 19:03 | コメント (0) | トラックバック

第5回「心の科学」勉強会 愛情(思いやり)と関心

---◆講演の要旨◆-----------------------------------------------------------
「心の科学勉強会」5回シリーズの総集編として、心の問題で大切なことをお話ししましょう。それは、人間にとって一番大切な愛情(思いやり)と関心についてです。
愛情も関心も本来、人間に備わっている資質-本能-です。ですから、その本能をうまく刺激して活動させることによって、赤ちゃんも大人も心の働きが円滑になり、楽しく幸福な人生をおくれるという話です。
-----------------------------------------------------------------------------

■演題「愛情(思いやり)と関心」

■講師:石 田 勝 正 先生
・石田診療所院長
・龍谷大学非常勤講師
・前・国立京都病院医長
◇著書
・「心って何だろう」--幸せの心理学--(麗澤大学出版会)
・「抱かれる子どもはよい子に育つ」--心をはぐくむ愛の心理学--(PHP研究所)
・「生きる原点」--心のはたらきを科学する--(ネオ書房)

■日時:平成18年2月26日(日)PM1:30~4:00

■ところ:ぱるるプラザKYOTO JR京都駅北東側
      6F会議室 TEL:075-352-7444 駐車場あり

■受講料 
お一人・・・・・・・・・500円
(受講料は会場費に充てます。)
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母・お友達などお誘い合わせご参加下さい。
(小さな子供様づれも可)

■お申し込みは「心の科学」勉強会 (事務局 (有)悠悠 はまだ まで)
〒612-0847 京都府京都市伏見区深草大亀谷大山町21-1
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

お早めにお申し込み下さいませ。

2006年01月21日 : 12:02 | コメント (0) | トラックバック

「心の科学」勉強会が開催されました

初雪が舞うこの冬一番の寒い日曜日「心の科学」勉強会が開催されました。
参加して下さった全国の皆様、有り難うございました。

blog 194.jpg blog 195.jpg

多くの方々のご支援、御協力のお陰で会場はいっぱいになりました。
遠く淡路島からお里帰りを兼ねて勉強会に参加して下さった若いママとお子様とお祖母様は、親子三代揃って参加して下さいました。
今回、大変目立ったことは男性の参加者が多かったことです。
幼児教育に携わっておられる方やNPOたまごママネット子育て支援で活躍されている、新井一令さん又地方の市の職員の方で、市長さんに石田先生の講演会をしょうと働きかけて下さっている方などそれぞれの地域や職場で共感して下さった方が伝え広めていこうとして下さっている事がひしひしと伝わって参りました。

「心の科学」勉強会は心についての理解を深め、人生の管理に役立てるための予防の解説と、全ての人が知っておくべき心の病の予防について、原則と提案をテーマに分けてお話をしてくださっています。

◆第5回「心の科学」セミナーのご案内◆
日時:2月26日(日) pm.1:30~4:00
場所:ぱるるプラザKYOTO
演題:「幸せと人生」

■お申し込み、お問い合わせは「心の科学」勉強会
(濱田まで)
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年12月08日 : 18:48 | コメント (0) | トラックバック

第4回「心の科学」勉強会

12月4日1:00開場 1:30開演 ぱるるプラザにて・・・
第4回「心の科学」勉強会の開催が近づいて参りました。
多くの方の御支援をいただきお陰様で、はるかに定員オーバになっていますが、一人でも多くの方にお話を聞いて頂きたく受付をしています。
御参加希望の方はどうぞお越し下さいませ。

今回のテーマは「愛情の役割」です
--理屈などなくても愛情は私達に自然に備わっています--
愛情の欠如から起きる悲惨な事件の数々を見るにつけ、愛情の成り立ちや、意味を知ることが大切
だと思われます。
この話を参考にして、子供が持っている愛情に関心を寄せて観察してみて下さい。
愛情は刺激の必要な本能である事がよくわかります。
その時に「なるほど」と思われることがあれば、この小冊子の役割が果たされることになります。

「愛情は本能」の小冊子より
文 石田勝正先生

2005年12月04日 : 18:28 | コメント (0) | トラックバック

とても解りやすくて新しい『心の科学』小冊子シリーズのご案内

大好評を頂いております、石田勝正先生のセミナーが小冊子になりました。

sasshi.jpg※第一号のテーマは「心の奥の無意識と癒し」がテーマ(一冊200円)。
心が楽になり、生活が楽しくなる簡潔で明快な具体策の記述。
10冊(2000円)なら送料無料。申込FAX075-712-0086愛光出版へ。

※自然科学が捉えた、心・愛情・自我・心の癒しの心理学体系。
※世界に提唱している「愛情本能論」は著者のオリジナルです。
※今の世を救う本「心の科学」を支援する輪が広がっています。
※この「心の科学」を勉強し広めて、世直しに貢献して下さい。
※世直しのために書かれた、読みやすくて安価な小冊子を是非。
※初めて耳にされる話は、繰り返し読まれると面白くなります。
※小冊子第二号は「愛情の科学」 (未刊)がテーマ。請うご期待。

2005年10月21日 : 18:36 | コメント (0) | トラックバック

京都新聞のオピニオン解説に載りました

blog 175.jpg9月27日付の京都新聞の朝刊オピニオン解説というコーナーで、石田勝正先生の理論が大きく取り上げられました。その反響は大きく、朝店に出勤するなり問い合わせの電話が鳴り続けました。
心の病で苦しんでおられる方や、そのご家族の方から苦しみのお電話を頂きました。
私に出来ることは、一人でも多く心の病で苦しんでおられる方やその周りの方々に、「心の科学」勉強会へ参加いただき、自分なりの答えを見つけて頂くことだと思っています。

これから生まれてくる子供たちが、心の病で苦しむことがないように・・・。

皆様の「心の科学」勉強会(改名しました)へのご参加を心からお待ちしております。

◆要旨◆
この世で、愛情ほど大切なものはありません。そのことに異論はないのですが、にもかかわらず、愛情ほど心理学で無視されて来たものは他にありません。
愛情は自然科学の課題です。宗教や文学だけに任せることなく、生物学が関与すべきテーマです。
そこに幸せの鍵が秘められています。

■演題:「愛情の役割」
■講師:石 田 勝 正 先生
・石田診療所院長
・龍谷大学非常勤講師
・前・国立京都病院医長
◇著書
・「心って何だろう」--幸せの心理学--(麗澤大学出版会)
・「抱かれる子どもはよい子に育つ」--心をはぐくむ愛の心理学--(PHP研究所)
・「生きる原点」--心のはたらきを科学する--(ネオ書房)

■日時:平成17年12月4日(日)PM1:30~4:00
1部 1:30~2:50 講演
    <休憩>
2部 3:00~4:00 質疑応答

■ところ:ぱるるプラザKYOTO JR京都駅北東側
      6F会議室 TEL:075-352-7444 駐車場あり

■受講料
お一人・・・・・・・・・500円
(受講料は会場費に充てます。)
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母・お友達などお誘い合わせご参加下さい。
(小さな子供様づれも可)

■お申し込みは「心の科学」勉強会 事務局 (有)悠悠 (はまだまで)
E-mail:info@kurogome.jp
612-0847 京都市伏見区深草大亀谷大山町21-1
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

※60名様で閉め切らせていただきます。お早くお申し込み下さいませ。

2005年09月27日 : 18:46 | コメント (0) | トラックバック

「心の医学」ミニセミナー・質問に答えて

blog 154.jpg blog 155.jpg

8月20日(土)「心の医学」ミニセミナーを開催しました。

去る7月17日「心の医学」セミナーも3回目を終了しました。
前回の「無意識と心の癒し」の復習も兼ねて、受講された皆様からの質問にお答えするべく、手づくりのパネルも用意され小さな集まりを計画しました。

要点をまとめた小冊子を活用しながらわかりやすく講演されました。
皆様熱心に聴講され終了の時間をはるかにオーバーしてしまいました。
いつも一対一の関わり合いを大切にされている先生のお人柄が伺える素晴らしいセミナーでした。

2005年08月22日 : 18:42 | コメント (0) | トラックバック

第3回 「心の医学」セミナーに参加して

今回も120名余りの方々が、セミナーに参加して下さいました。
たくさんの感想を寄せて頂きましたので、少しご紹介します。

*自我を芽生えさす原点 子供を育てていくには夫婦が仲良くしていることが胎児からの記憶を豊かに育むんだとすごく感じた、おおらかな石田先生の話に感動させてもらいました。ありがとうございました。
---K.Fさん---

*「抱かれる子供は良い子に育つ」「生きる原点」を読ませて頂き、今日の講演 楽しみにしておりました。仕事(助産婦)で母と子とその家族の関わる中でスキンシップの大切さ生活の母子の密着の大切さなど 多くの事を教えていただきました 「世直し」を私の立場でも少しずつ広げていきたいと思っています。今日はありがとうございました。
---S.Iさん---

*今日は始めて参加させていただきました。 大まかには理解できましたが、じっくり本を読ませていただき もっと理解を深めてゆきたいと思います。 あまりにも世の中信じられない出来事が多いので、勉強してゆきたいと思います。 ありがとうございました。
---M.Iさん---

◆第4回「心の医学」セミナーのご案内◆
日時:12月4日(日) pm.1:30~4:00
場所:ぱるるプラザKYOTO
演題:「愛情の11の役割」

■お申し込み、お問い合わせは「心とからだの勉強会」補足準備係
(濱田まで)
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年07月30日 : 10:01 | コメント (0) | トラックバック

第3回「心の医学」セミナー報告。 心の奥の無意識と癒し

kokoronoigaku.jpg

祇園祭・山鉾巡行の日の京都にて、第3回「心の医学」セミナーが開催されました。テーマは「心の奥の無意識と癒し」です。今回は、以前の参加者の方がお友達を連れてきて下さったり、また京都新聞さんの記事でご紹介を頂きましたこともあり、会場が満員でイスが足りなくなるほど盛況な会となりました。

子供は、抱いて育てれば愛情が伝わりよい子に育つ、それは判っているけれど・・ ここでいつも問題になるのが、「抱いて育ててもらえなかった自分はどうしたらよいのか」「抱き方が足らずに育ち、問題行動を起こしてしまう人にはどう接したら良いのか」 ということでした。
後半、会場の方から沢山の質問が出ました。悩みを抱えた人と接する方法について、また自分の生きにくさをどうしたら良いか、ということについて、などなど。
石田先生が提示される一つの解決方法は「胎児にさかのぼってやりなおすこと」 。深呼吸をして、その呼吸に感謝して、好きな音楽を聴いて、身体を揺すって、胎児の頃に気持ちよかったことをやってみることで、幸せの記憶を呼び覚まして強化するのだそうです。シンプルだけれど判りやすく、今すぐできる癒しの方法です。時間内に全ての質問にお答えすることは出来ませんでしたが、後日石田先生からお答えされることと思います。

「心の医学」セミナーは、子供連れでも大歓迎です。会場で赤ちゃんが泣いても子供が騒いでも、石田先生はにこにことお話を続けられます。「泣く子を邪魔だと思うような大人は、この会場にはいませんよ。話は聞こえますから、お気になさらぬ様にね」という、石田先生の言葉が、大変印象的な会でした。

◆第4回「心の医学」セミナーのご案内◆
日時:12月4日(日) pm.1:30~4:00
場所:ぱるるプラザKYOTO
演題:「愛情の11の役割」

■お申し込み、お問い合わせは「心とからだの勉強会」補足準備係
(濱田まで)
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年07月19日 : 13:37 | コメント (0) | トラックバック

第3回「心の医学」セミナーのご案内

7月17日(日)祇園祭の日、いよいよ第三回「心の医学」セミナーが開催されます。テーマは「心の奥の無意識と癒し」です。石田先生がお忙しいい中、手づくりのパネルを作られたり、皆様にお渡しするべく「小冊子」をお作りになられたりして、頑張っていらしゃいます。残る席もわずかになってまいりました。
参加ご希望の方は大急ぎでお申し込み下さいませ。

第3回のテーマは「心の奥の無意識と癒し」です。
多くの方のご来場をお待ちしております。

■日時:平成17年7月17日(日)PM1:00~4:00
1部 1:30~2:50 講演
    <休憩>
2部 3:00~4:00 心についての質疑応答

■ところ:ぱるるプラザKYOTO JR京都駅北東側
      6F会議室 TEL:075-352-7444 駐車場あり

■受講料 
お一人・・・・・・・・・500円
お二人以上・・一人400円
(受講料は会場費に充てます。)
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母・お友達などお誘い合わせご参加下さい。
(小さな子供様づれも可)

■「心って何だろう」改訂版の本を当日会場に置きます。

■お申し込みは「心とからだの勉強会」補足準備係
件名は【「心の医学」セミナー参加申し込み】でお願いします。
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

お早めにお申し込み下さいませ。

2005年07月15日 : 19:06 | コメント (0) | トラックバック

石田勝正先生の著書を読まれた方からのメッセージ

7月17日(日)「心の医学」セミナーが近づいて参りました。

先日石田勝正先生の著書である「抱かれる子どもはよい子に育つ」と「心って何だろう」の本を読んでくださり、共感して下さった読者の方からお手紙が私のところに寄せられました。一人でも多くの方に二冊の本を読んで頂きたいと思い、読者の方の了解を得て下記に載せさせて頂きます。

2005年07月05日 : 19:39 | コメント (0) | トラックバック

京都新聞の「まちかど」コーナーに

blog 121.jpg一昨日の朝刊(6月27日)に第3回「心の医学」セミナーの案内が載りました。
7月17日(日)pm1:00~4:00ぱるるプラザ京都において開催します。
京都新聞の「まちかど」の小さな記事を見落とすことなく、沢山の方からお電話やFAXでお申し込みいただきました。
連日報道される、心を痛める事件が相次ぐなか、皆様の関心の高さを強く感じています。


私は「心とからだの勉強会」の事務局をしています。
「心の医学」セミナーへ参加して下さり共感して下さった方々が、石田勝正先生の著書
・「抱かれる子どもはよい子に育つ」(PHP文庫)
・「心って何だろう」(麗澤大学出版会)
の本を多くの方に広めて下さったりしています。
一人でも多くの方に読んでもらいたいと、10冊、20冊と買って下さる方もおられます。

第3回のテーマは「心の奥の無意識と癒し」です。
多くの方のご来場をお待ちしております。

■日時:平成17年7月17日(日)PM1:00~4:00
1部 1:30~2:50 講演
    <休憩>
2部 3:00~4:00 心についての質疑応答

■ところ:ぱるるプラザKYOTO JR京都駅北東側
      6F会議室 TEL:075-352-7444 駐車場あり

■受講料 
お一人・・・・・・・・・500円
お二人以上・・一人400円
(受講料は会場費に充てます。)
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母・お友達などお誘い合わせご参加下さい。
(小さな子供様づれも可)

■「心って何だろう」改訂版の本を当日会場に置きます。

■お申し込みは「心とからだの勉強会」補足準備係
件名は【「心の医学」セミナー参加申し込み】でお願いします。
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

お早めにお申し込み下さいませ。

2005年06月29日 : 11:01 | コメント (0) | トラックバック

第3回「心の医学」セミナーの準備会開催 

1ヶ月後に「心の医学」セミナーが開催されます。参加御希望の皆様、そろそろお申し込みよろしくお願いします。先日準備会を開催しました。久しぶりに、京大名誉教授:エネカンの会代表理事でもある新宮秀夫先生も参加してくださりお話が弾みました。 

第3回「心の医学」セミナーは、7月17日(日)pm1:00~ですが京都の「祇園祭り」と重なります。
お時間に余裕があれば少し早めに来て頂きコンチキチンのお囃子を耳にしながら、鉾の巡行も見ていただいて、京都の夏を満喫して頂けたら・・・と思います。


■お申し込みは「心とからだの勉強会」補足準備係
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

お早めにお申し込み下さいませ。

2005年06月07日 : 19:13 | コメント (0) | トラックバック

第3回「心の医学」セミナーのご案内

---◆要旨◆-----------------------------------------------------------
hati.jpg心は奥の深いものです。その一番奥底には無意識の心が静かに眠っています。それが遺伝子情報と潜在意識です。それら無意識の心が目を覚ますと、意識の心を操るようになり、私たちを楽しませたり、逆に不快にさせたりします。
この無意識たちを私どもの味方にして、人生を楽しく過ごすにはどのようにしたらよいのでしょうか。
最先端の心理学によってその方法を明らかにします。
---------------------------------------------------------------------

第3回 講演 「心の奥の無意識と癒し」
     (著書「心って何だろう」 改訂・増刷出版記念)

■講師:石 田 勝 正 先生
・石田診療所院長
・龍谷大学非常勤講師
・前・国立京都病院医長
◇著書
・「心って何だろう」--幸せの心理学--(麗澤大学出版会)
・「抱かれる子どもはよい子に育つ」--心をはぐくむ愛の心理学--(PHP研究所)
・「生きる原点」--心のはたらきを科学する--(ネオ書房)

■日時:平成17年7月17日(日)PM1:00~4:00
1部 1:30~2:50 講演
    <休憩>
2部 3:00~4:00 心についての質疑応答

■ところ:ぱるるプラザKYOTO JR京都駅北東側
      6F会議室 TEL:075-352-7444 駐車場あり

■受講料 
お一人・・・・・・・・・500円
お二人以上・・一人400円
(受講料は会場費に充てます。)
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母・お友達などお誘い合わせご参加下さい。
(小さな子供様づれも可)

■「心って何だろう」改訂版の本を当日会場に置きます。

■お申し込みは「心とからだの勉強会」補足準備係
E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

お早めにお申し込み下さいませ。

2005年05月27日 : 16:53 | コメント (0) | トラックバック

第2回「心の医学」セミナーを終えて

さわやかな朝の目覚めと共に、この春一番のうぐいすの声を聞きました。それはそれは、美しい澄んだ声で春の喜びを高らかに誇らしげに歌い上げている様に感じました。

blog 057.jpg昨日、第2回目「心の医学」セミナーを無事終えることができました。110名余りの参加者は実に熱心に聞いて下さり充実した素晴らしい内容でした。石田勝正先生の語りは静かで、ゆっくりと一言一言かみしめてお話されます。そんな先生のお人柄が、1人1人の心のひだに染み渡り、とても自然体で共鳴しあっている様に感じました。

質疑応答の時間をたっぷりとっていましたので、個々の具体的な内容になりました。誰もが大なり小なりいろんな失敗を繰り返しながら自責の念にかられながら生きています。その様な心の苦しみや、悲しみや、淋しさを、いますぐ解決出来ることばかりではありませんが心がどの様なメカニズムで働いているのかということが、分かるだけでもきっと解決の糸口が見出せることと思います。

---次回の第3回「心の医学」セミナーのご案内---

日時:7月17日(日) 1:00~4:00 
ぱるるプラザkyoto
多数のご参加お待ちしています。

2005年04月18日 : 19:34 | コメント (0) | トラックバック

【速報】第二回セミナーの様子・京都駅前ぱるるプラザから

seminar2.jpg京都駅前、ぱるるプラザの6Fです。「心とからだの勉強会」主催「心の医学セミナー」の第二回が、さきほど始まりました。今回のテーマは、幸せの心は抱いて育てる です。
今回は、とても広い年齢層の方にお集まり頂いているようで、小さな子供さんを連れたお母様や、学校を卒業したてのような若い女性の方が、とても目立っているように思います。
お話は、幸せを感じる心のメカニズムに始まり、ただいま、ちょうど「うつ病」からの回復にかかったところです。詳しい内容は後日またアップさせて頂きます。

※このあと、質疑応答の時間があり、午後4時30分より石田先生を囲んで懇親会を行う予定です。

2005年04月17日 : 14:00 | コメント (0) | トラックバック

「心の医学」セミナー懇親会のご案内

4月17日(日)に行われる第2回「心の医学セミナー」が迫ってきました。2回目となって、主旨に共感し、賛同して下さった方々から温かい心のこもったメッセージが私のところへ寄せられています。
「ぜひ、お手伝いさせてください」と、おっしゃって下さるこのお言葉ほど、ありがたく、嬉しく、心強いことはありません。

一人一人の皆様の熱い想いが大きな力となって、世の中が良くなっていくのでしょうね。とても楽しみなことです。

*セミナー終了後PM4:30より
石田先生を囲んで懇親会を開催いたします。
一人\3500(飲み放題)ですが、参加ご希望の方は4月15日までに事務局までお申し込み下さい。


■お申し込みは下記まで■

件名:懇親会参加希望
Eメール:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年04月12日 : 13:11 | コメント (0) | トラックバック

第2回「心の医学」セミナーが近づいて参りました

第2回「心の医学」セミナーが近づいて参りました。今回のテーマは「幸せの心は抱いて育てる」です。
4月17日(日)pm,1:30~pm,4:00はるるプラザ京都で行います。

参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さいませ。

後を絶たない「集団自殺」のニュース。なぜこのような痛ましく悲しい事件が起きるのか。
もし、石田先生のお話を聞いていれば。。。
もし、「心って何だろう」を読んでいれば。。。
きっと防げたであろうと心から思います。

皆様の身のまわりに苦しんでいる人がいらしたら、どうぞ呼びかけてあげてください。
「心の医学」セミナーは5回シリーズで行いますが、どの回からお越しになられても解るようにお話されます。

■お申し込みは下記まで■

Eメール info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年04月03日 : 11:23 | コメント (0) | トラックバック

石田勝正先生が教育医事新聞で紹介されました

悠悠がお世話になっている石田勝正先生が「心って何だろう」「抱かれる子供はよい子に育つ」の著者として、教育医事新聞で紹介されました。
「心って何だろう しあわせの心理学」は、日本図書館協会の選定図書です。

心の医学セミナーの会場でも販売いたします。本を読んでからセミナーを聞いても、セミナーを聞いてから本を読んでも、どちらも内容が良く分かって心に響きます。

第二回 の医学セミナー 「抱いて育てる世直しの心」
ご案内はこちらです

ishida_book01.jpgishida_book02.jpg

教育医事新聞より掲載  2005年(平成17年)3月25日

[心って何だろう」 しあわせの心理学--生物学的視点で心を捉える--「愛情遺伝子」を刺激し癒す--


■著者インダビュー■

近年、心の問題に絡む凶悪事件が頻発し大きな社会問題になっているが、その対策には心とは何かを知り、子どもの心を生き生きと育て、大人の心をしあわせにする方法を広めることだと説く、今、最もタイムリーな書といえるのがこの「心って何だろう-しあわせの心理学」(麗澤大学出版会・1365円)だ。
著者は、「抱かれる子供は良い子に育つ」(PHP文庫)の著者としてよく知られている元・国立京都病院医長の石田勝正氏。
「心が目に見えないので、抽象的でわかりにくいものとされてきたが、そうではない。心とはもっとやさしいもので、心理学は万人が共有するものだというのが執筆の動機です」
独自な視点をもつ本書が生まれた背景には、40年にわたり自殺未遂や心身症の患者に接する中で、ここrの仕組みを知らずに心を論じてきたことへの自らの反省もあるという。
第1部では、「心とは何か」について、それは以外に簡単で、自分の内外と交流するために色々な判断をする仕組みのこと。その交流の潤滑油の役割をするのが愛情で、愛情は遺伝子の情報だと説く。
第2部では、この愛情遺伝子を刺激して「心を癒す具体的な方法」が事例を挙げて示されている。この心に仕組みが分かれば不登校やいじめ、家庭内暴力、不安神経症、うつ病などの原因と癒し方も分かってくるという。
本書の視点が新しいのは、心を生物学の面からとらえていることだろう。
石田氏は「すべての人が心の奥底に持っている思いやりや優しさを刺激し、それを心の表面にたくさん引き出せば、人生も子育ても教育ももっと安心で楽のものになる。現代人が求めている画期的な具体策をずばり提示したつもりです」と話す。
心の立て直し、世直しに最適な書であり、父母、教育関係者、高校生・大学生などには学校生活・日常生活の基本として、さらに心理学の専門家には新たな視点をもつ専門書として、読み広めて欲しい1冊だ。
本書は日本図書館協会選定図書に選ばれている。

2005年03月30日 : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

第二回「心の医学」セミナーのご案内

◆要旨◆
心には各人それぞれの判断基準が備わっています。その心の判断基準には遺伝子と体験が関わっていて、例えば、抱かれるという体験によって愛情本能を刺激すれば、愛情豊かに子育てができるし、大人の心の癒しも可能だという考えです。何につけても努力をする場合には、遺伝子(本能)のサポートにも頼った方が楽であり確実だと思われます。

今回は、心が動くときには活動回転軸が必要で、それが「自我」であり、心にとって最も大切なものだという話をします。そして、愛情・自我と、幼女殺害などの凶悪犯罪の関係にも触れます。

第一回の講演「心って何だろう」に引き続き、今回もご満足いただけますよう一同が努めます。5回シリーズどの講演からでも、繰り返し聞いていただけるように話す予定です。

■講師■  石田勝正先生
元・京都大学医学部講師
前・国立京都病院部長
現・石田診療所所長 龍谷大学非常勤講師

■演題■  「幸せの心は抱いて育てる」

■日時■  平成17年4月17日(日) 13:00p.m.~16:00p.m.
        第1部 13:30~14:50 石田勝正先生 講演
               休  憩
        第2部 15:00~16:00 心についての質疑応答

■ところ■  ぱるるプラザKYOTO 6F会議室
        JR京都駅北東側  TEL:075-352-7444  駐車場あり

■受講料■
お一人様 500円
お二人以上(お一人様) 400円
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母親・お友達同士など皆様お誘い合わせのうえお越し下さいませ。
(小さなお子様づれも可)

■特典■
当日、会場にて「心って何だろう」改訂版をお買い上げいただいた方には次回セミナーの招待券をさしあげます。

■お申し込みは下記まで■

Eメール info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

<申し込み例>
[件名]:「心の医学」セミナー申し込み
[お名前]:濱田高志
[ご住所]:京都市伏見区深草大亀谷大山町21-1
[電話番号]:075-643-3157
[参加予定人数]:2名
[乳幼児]:1名

※参加予定人数は椅子にお一人で座る数です。
※乳幼児を同伴される方は、人数をお知らせください。

2005年02月26日 : 10:26 | コメント (0) | トラックバック

「抱いて育てる愛情豊かな世直しの心」

--「世直し」と言えば江戸幕府の改革を連想されて大袈裟に聞こえますが、根本をたどれば、体内に別れを告げた赤ちゃんの淋しさ・不安感にどう対処するか、ということで、「抱く」という実に簡単なことが「世直し」につながるのです。


kouen 011.jpg石田勝正先生は、先日の2月13日は「心の医学」セミナーでお話しされ、そして、2月20日は10:00~11:30京都市子育て支援センター「子ども未来館」において、「抱かれる子供は良い子に育つ」のテーマで講演されました。


kouen 010.jpg子育て真っ最中の若いママとパパと赤ちゃんで一杯でした。
定員が50名のところ、2時間で予約が一杯になり、急遽70名まで受け入れることになりました。
1歳前後の赤ちゃんが多かったのですが、少しも騒がしくなく、皆さんとても熱心に先生のお話を聞いておられました。質問も具体的でわかりやすく、先生のお答えに納得されて安心されているように見受けられました。


「世直し」とは、愛情豊かな人間集団づくりだと考えられます。それは、赤ちゃんを生まれたその日からよく抱いて愛情豊かに一人一人を育てることです。そしてこの情報に乗り遅れてうまく育てられなかった場合には、「ふりだしにもどる」ことを、心の癒しによって実行すればよいのです。

全国津々浦々に広がり、安心して子育てが出来る世の中にしていきたいものですね。

2005年02月25日 : 12:39 | コメント (0) | トラックバック

【報告】 第一回「心って何だろう」

heart.jpg大変長らくお待たせしました。去る2月13日に行われた、石田勝正先生の勉強会「心の医学セミナー」の内容をご報告させて頂きます。

石田先生が、龍谷大学で教えていらっしゃる大学生に「心って何?」と質問をすると、8割が「考えたこともない」と答えるそうです。でも最近の芳しくいない事件を見ると「このままではいけない、心が何かを考えないと対策をとることすらできないのではないか」と危機感を持たれたそうです。

石田先生の仰る「心」とは、生物学的な心です。犬や猫や羊が持っているのと同じ心です。
心は、目に見えません。目に見えないモノをどうやって自然科学の場にあげるかが、今のテーマなのです。
「心が何かをしっかり捕まえておくのが、人殺しまで行われる今の世の中を直す段取りになるのではないか」これが出発点だったそうです。

石田先生は、心理学の先生ではありません。心に対するアプローチも科学的なところからの出発となります。(自然科学は、目に見えないものを考えるために「推論」という手法を用いるのですが、小児整形外科として沢山の子供たちを見てこられた石田先生は、この「推論」のためのデータを沢山お持ちだったのです)

以下、お話の中から印象的な言葉を少しだけご紹介させて頂きます。


「世の中が悪い悪いと、悲観的にばかりなってもしょうがない。子供を殺す親を『殺してしまえ』というのは簡単ですが、人を殺さないと生きていけない人間は可愛そうだと思います。あれに腹を立てていては世の中は良くならない。やられたらやりかえす、という単純な発想では世の中は良くならない。だからどうすればいいのか?」

「ヒステリー患者は、抱きしめると発作が静まります。小児整形外科をやってきたので赤ちゃんを沢山見て、抱く というのは 人間の心を発達させる原点ではないか?と推論したのです。」

「人間の心は『関わり合い』以外のことは何もできないデクノボーです。関わり合い、とは、人の心対自分の心はもちろんのこと、自分の心と自分の身体、さらに、自分で気がつかない心の別の部分との関わりまでを含みます。」

「『現在』だけでは何もわかりません。現在の心は、過去の心(記憶)に問い合わせをしないと何もわかりません。意識で判る記憶(顕在記録)と、もっと奥の方にある判断基準(潜在記録)にも問い合わせをするのです。フロイドが言ったとおり、胎児の頃~幼児の記憶は 忘れたように見えて、心に染み付いているのです。」

「そして胎児の潜在意識のさらに奥には『遺伝子』と『本能』」があります。本能があるから、人には教えなくてもできることがあるのです。
教えてないことをやる子供たちをよく観察すると『愛情も本能だ』ということに気がつきました。子育て=教育 しつけ というのは間違っていたのではないか?
人を愛する心は、遺伝子に備わっているのです。いかにして善玉の遺伝子を引っ張り出すか、が子育てであり教育でありしつけなのではないでしょうか。」

(後略)



現在、多くの方が、自分自身の生きにくさに悩んだり、子供との関わり方に悩んだりしています。一度損なってしまった心は、どうすれば取り戻せるのか?誰もが知りたいところです。それが「癒し」なのです。「癒し」については、次回以降の勉強会の中心テーマになるそうです。

■第二回「心の医学」セミナーの案内です■
次回は4月17日(日)に「ぱ・る・るプラザ」(JR京都駅七条出口)で、「幸せの心は抱いて育てる」と題して行います。(13時~16時)今回は120名で締め切らせて頂きますので、下記までお早めにお申し込みくださいませ。

E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年02月22日 : 16:14 | コメント (0)

「心の医学」セミナー参加者の声(続き)

引き続き、セミナーを受けた人の感想を伝えていきたいと思います。
あれからもぞくぞくと、メールやファックスから感想が寄せられてきています!

K.Hさん
石田先生のお話、感動いたしました。
次回の先生の講演会もぜひ出席させていただけたらと考えております。

Y.Tさん
先生の心の分析はまさにその通り!まさに実践の中から生み出されたものと深く感動いたしました。私たちはDNAで生きていると思います。魂は良心と思っています。3歳までの重要性も思っております。心は愛情と思っています。駄目なものを否定する考え方・批判する考え方が不十分・不足という考え方に納得いたしました。

Y.Kさん
誰にでも解りやすい内容で、いつも思っていることをより深く理解できる内容でとても良かったと思います。と同時に生きるエネルギーが出てきました。

Y.Mさん
心の原点、見えない心を解りやすく解いて下さいました。改めて心を見つめました。自分の心の交流を十分してみたい、そして、心の交流を生かせるようにしてみたいと思いました。

R.Kさん
「抱かれる子供は良い子に育つ」を読ませていただいたので、抱かれる大事さは理解しているつもりでしたが、遺伝子本能という部分は驚きました。石田先生の話し方が楽しかったです。

T.Oさん
石田先生の本を読んで、心(遺伝子)の大切さを感じていましたが、日々の育児でその大切さを忘れることも多々あるので、講演を聞いてまた、心の大切さを感じることが出来てよかったです。

H.Kさん
命とは何か?を簡単に定義されていて解りやすかったです。

T.Sさん
医師でありながら、抽象的な”心”についての研究をされているということ、又、担当外である事ながら、本当に心の大切さを考えさせていただきました。そして、心理学の先生のお話される講義よりも説得力があり面白かったです。少々、難しい話もありましたが(聞き逃した部分ですが)、又、受講させていただきたいと感じております。ぜひ、娘にも伝えたいです。

T.Yさん
心と本能の意味を考える機会になりよかったです。
現在72歳になる私は20代に娘2人を育てました。(母乳と混合ミルク)当時に石田先生のお話を聞かせて頂いておれば、より愛情深い育児が出来たのにと残念ですが、お陰さまで二人の娘はよき母親として役目を果たしつつあるように思います。たくましい心を持った孫に育ったと90%位認めております・・

M.Yさん
一番良かったところは、自分を愛さないと人を愛せない。本当にそう思いますが、自分を全て受け止め愛すことは私自身の今の課題です、愛がいっぱいになると優しくなれると思います。


■最後に次回の講演のお知らせをします■

弟2回講演「幸せの心は抱いて育てる」
平成17年4月17日(日)PM.1:00~4:00
ところ:ぱるるプラザKYOTO6F

たくさんのご参加お待ちしています!

2005年02月18日 : 15:15 | コメント (0) | トラックバック

「心の医学」セミナー参加者の声

2005年2月13日(日)ぱるるプラザkyotoで開催した、「心の医学」セミナーへ参加された皆様からの感想を一部ご紹介したいと思います。

H.Iさん
1.先生のお人柄を反映して、大盛況に驚きました。
2.特にご婦人と若いパパママご夫妻、子連れ参加はこれからの大発展に期待できます。
3.ボランティアから大きな市民運動に発展することを期待し祈ります。
4.先生の見識の高いスピーチと若い事務局メンバーの活動ぶりを期待して、第二回も出席します。

K.Kさん
非常に分かりやすい説明だったと思います。教授の授業を1年間かけて受けましたが、今日の説明会も本当に素晴らしかったです。生きること自体が美しくなる世の中を作るために本当に必要な説明会ではないかと感じました。

Y.Kさん
心の生理学がよく分かった。その心と体を人生の目標=幸せになるためにはどう操っていけばよいのか、ダイナミックに普及して。

S.Sさん
自分の子育てにおいて、家内工業であったため、子供と接する機会が少なく過ごしてきました。母子が肌と肌と触れ合うことの大切さが子供の成長に大きく関わることを学び、自閉症も治ることを聞き、ビックリしました。続けて勉強していきたいと思うので、声をかけられる人がいれば誘っていきたいです。

Y.Kさん
感覚的に思っていたことが、そのまま講演の中に出てきて驚きました。学童期に必要な感覚や感性について研究している立場でも、この講演を興味深く拝聴させていただきました。

T.Uさん
説得力のある講演内容に感動しました。私の心が大いに刺激されました。

N.Iさん
今現在子育て中と、来月に二人目が生まれる状態の中で、あらためて、認識することが多くありました。普段から疑問に思っていることなどについても答えがもらえた気がします。又、これからの育児(育自)に自信を持って望めるような内容のお話だったと思います。第2子を出産して約1ヵ月後ぐらいだと思いますができるだけ、参加したいです。

Y.Sさん
良いお話で感激し涙が出ました・・。

T.Sさん
大系化と具体例のバランスがよく、非常に分かりやすかった。独自性に拍手。ありがとうございました。可能な限り参加したいと思います。

M.Sさん
全て良かったが、特に、自然科学であることが良かったです。

まだまだ、ご感想はあるのですがまた、今後順次掲載していきたいと思っております。

■最後に次回の講演のお知らせをします■

弟2回講演「幸せの心は抱いて育てる」
平成17年4月17日(日)PM.1:00~4:00
ところ:ぱるるプラザKYOTO6F

たくさんのご参加お待ちしています!

2005年02月15日 : 11:27 | コメント (0) | トラックバック

「心の医学」セミナーを終えて・・・

とにかく大盛況でした!!ありがとうございました!
寒い中、全国から「心の医学」セミナーに150名余りの方がご参加くださいました。
会場が一杯になり入りきれるか本気で心配しましたが、多くの方々のお力添えでつつがなく会を終えることができました。とても、充実した一日でした。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。次回のご参加もお待ちしています。
kouen 005.jpg

kouen 009.jpg


今回の講演会は質疑応答の時間もあり、皆さんの子育てに対する悩み、不安等とてもリアルな勉強会となりました。
石田先生に寄せられた質問に目を通しましたが、皆さん本当に悩み苦しんでおられるのが伝わりました。今回紹介しきれなかった質問に関しましては、次回の「心の医学」セミナーで、石田先生に答えて頂くことにします。

発足準備会「心と体の勉強会」は今回初めて発足した会なので、まだまだ小さな小さな集まりです。でも、「心の医学」セミナーに参加された方々が「心」と向き合っていくことによって共感し、この運動の輪が少しずつでも広がっていくことを願っております。

kouen 006.jpg kouen 008.jpg


■最後に次回の講演のお知らせをします■

弟2回講演「幸せの心は抱いて育てる」
平成17年4月17日(日)PM.1:00~4:00
ところ:ぱるるプラザKYOTO6F

たくさんのご参加お待ちしています!

2005年02月14日 : 15:22 | コメント (0) | トラックバック

【速報】京都駅前ぱるるプラザ・5Fの研修室から速報

京都駅前ぱるるプラザ・5Fの研修室から速報です。
14時15分。石田勝正先生のセミナーは大盛況。現在、約150名の方がお集まりです。
ishida_semi01.jpg
お話は、「最近の痛ましい事件の根元を知るには、人の心 という一番のもとになるものを知る必要がある。」「人を殺さないと生きていけない人間は可愛そうである」というところからスタートしています。この後のお話は後ほど改めてレポートさせて頂きます。

2005年02月13日 : 14:15 | コメント (0) | トラックバック

いよいよ明日「心の医学」セミナー開催です。

抱かれる子どもはよい子に育つ」の著者である石田勝正先生の講演会が、いよいよ明日に迫ってまいりました。

お陰様で、多方面からお申し込みがあり、会場に皆さんが入りれるかチョット心配になってきました(笑)
石田勝正先生は今回のセミナーにも大変力を入れておられ、話が解りやすいようにと、手作りパネルを3枚も準備してくださっています。

ビデオ撮りもしますので、都合が悪く参加出来ない方でも見て頂けます。
改訂版「心って何だろう」の本と、「第一回 心の医学セミナー」のビデオをご希望の方は、メールでお申し込みくださいませ。

2005年02月12日 : 10:54 | コメント (2) | トラックバック

締め切り間近です

2月13日(日)pm.1:00~pm.4:00ぱるるプラザ京都で開催される「心の医学」セミナーも、あと一週間後となりました。
お陰様で、100名を超える申し込みがあります。

最近よく、幼い子供が虐待され殺害されたというニュースを見ますが、それを見て心を痛めない人はいないと思います。なぜ、そのようなことになるのか。一体「心の働き」とは、どのようなものなのでしょうか。
石田勝正先生はズバリ!一言で「心の働き」を解明されています。

まだお申し込みなされてない方は、お早めにお申し込みください。
まもなく締め切ります。

2005年02月06日 : 09:35 | コメント (0) | トラックバック

「心の医学」セミナーの要旨

「心とは何か」を自然科学の目で見直してみると・・・
結論は意外にも簡単でした。
心とは、関わり合いの判断をする脳の仕組みです。

その関わり合いの判断をするのは、
(1) 体験や教育・しつけによってつくられる判断基準
(2) 愛情本能などの遺伝子情報  です。

baby.jpgこの愛情本能などの遺伝子を刺激する方法が解明できれば、赤ちゃんへの接し方で、心の病や心の苦しみを少なくしたり、世の中の凶悪犯罪を防ぐことも出来るのではないでしょうか?

2004年11月21日 : 23:33 | コメント (0) | トラックバック

第1回 心って何だろう ご案内

■講師■  石田勝正先生
元・京都大学医学部講師
前・国立京都病院部長
現・石田診療所所長 龍谷大学非常勤講師

■日時■  平成17年2月13日(日) 13:00p.m.~16:00p.m.
        第1部 13:30~14:50 石田勝正先生 講演
               休  憩
        第2部 15:00~16:00 心についての質疑応答

■ところ■  ぱるるプラザKYOTO 5F会議室
        JR京都駅北東側  TEL:075-352-7444  駐車場あり

■受講料■
お一人   500円
ペア券    800円
※ご夫婦・嫁と姑・娘と母親・お友達同士など、
お二人連れならどなたでもOKです。
(小さなお子様づれも可)

■特典■
当日、会場にて「心って何だろう」改訂版をお買い上げいただいた方には次回セミナーの招待券をさしあげます。

■お申し込み■
Eメール info@kurogome.jp
TEL 075-643-3157
FAX 075-641-1178

====================

ご自身のサイトで石田勝正先生の著書を紹介されている方がいらっしゃいます (^^)
Ordinary ~平凡なお父さんが平凡な毎日を考察する~読書・教育・株・パソコン~

2004年11月20日 : 20:31 | コメント (0) | トラックバック