京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です。

トップ » 10)濱田智子の雑記帳

オンラインショップバナー

勤労感謝の日、還暦を迎えました。

勤労感謝の日が私のお誕生日なのです。生まれたときから、ずーーーーと、感謝して働くように
神様から教えをいただいた気がします。なんとなく、いい日に生まれたなあと誇りに思って
生きてきました。だから、今日もお仕事に精を出しています。
昨日はみんなから、お祝いのプレゼントを頂きご機嫌なわたしです。
生きていく中でいろんな、困難に遭遇します。そのときいつも、神様が私を試されているんだ。
と思い頑張って生きてまいりました。そして人生の大きな節目も乗り越え、元気で第2の人生の
スタートを迎えることができたことはとても幸せなことだとおもいます。
若くして病に倒れられた、多くの患者様の相談をうけてきました。
常に生と死は背中合わせだとかんじながら生きてきました。健康で働けるほど幸せなことは
ありません。
私たちの年代は団塊の世代です。
先日も、私の国民年金が社会保険庁のほうから6ヶ月不足というお知らせが届きました。
え~~~~えそんなはずは絶対ないと確信があります。
急いで、社会保険庁のほうへ電話をかけ事情を説明しました。
しばらくして、書類がとどきました。すぐどこで働いていたかなどを書き込み返送しました。
それから、いよいよ、お誕生日がちかづいてきているのに、何の音沙汰もありません。
再度、伏見にある社会保険事務所に電話をかけました。

もしも、本当に6か月分掛け金が不足なら、後6か月分払い込まなければなりません。
でも納得がいきません。ので、いろいろ、思い当たりそうなことを、言ってみました。
特に女性は結婚すると苗字が変わりますよね。どうもその辺が2000万人の宙に浮いた
名簿がありそうなところのようです。私の場合はともこという字をさとこと読みます。
それが、どうやらパソコンに打ち込むときに間違いが発生したようです。

読み方が、いくとうりもある方は気をつけられたほうがいいようにおもいます。
ことが明らかになりホット胸をなでおろしたしだいです。

2007年11月23日 : 10:26 | コメント (0) | トラックバック

初期認知症と運動療法の授業でした。(シニア大学)

今日の講演は永原診療会の永原宏道先生のお話でした。
(ぼけたら、かなん)と、誰しもが言葉にします。生老病死は、自然の成り行きだとは判っていても、なるべくなら避けたいとおもいますね。日常の生活で、少し努力をすれば避けられることが今日の御話で
よくわかりました。認知症は、脳の、機能低下によるものであること
特に前頭前野の刺激が脳の活性化を促すことにより遅らせることができる。
また、活性酸素から神経細胞の破壊を守ることにも老化のスピードをおくらせることができる。
汗ばむぐらいの、ゆっくりした軽い運動を続けることも、血流が良くなり遅らせることができるとおはなし
されました。
今からボケ防止のための対策を練りましょう。歩いて、適度に運動をして、いろんなことにチャレンジをしましょう。そして、悠悠お勧めの、黒米母湯をいただきながら活性酸素の消去をこころがけましょう。

2007年11月20日 : 14:10 | コメント (0) | トラックバック

血流が、悪くなると、病気になり。。を、体感しました。

過日、私は高校のときのクラスメート3人で、北陸へ温泉旅行に出かけました。
一人の友達が、(森光子サン)がしている、スクワットを、教えてあげるといい、見よう見まねでチャレンジしました。そのときは、何も感じなかったのですがさあ大変、あくる朝びっこを引いて、歩かないといけなくなりました。友達が、心配するとかわいそうなので黙っていました。
帰ってから、早速鍼灸の治療を受けに行きました。整形外科にも行き、レントゲンもとってもらいました。結果は、(半月版が肥厚しています)という診断結果でした。右ひざを曲げ伸ばしするたびに大きな音がして、こきこきこきこきなるのです。また、階段のくだりがとても辛くいたいのです。もちろん、正座ななんて、決してできません。右ひざ一箇所を、損なうことでこんなに生活が不自由になることを、初めて体験
しました。そこでふと思い出したことがあります。(血流が悪くなると病気になり、病気の快復には血流の改善が不可欠です。)と。。。たぶん病気では、ないけれど血流が悪くなっているのかも?と気づきました。それから毎日、体を温めることを意識をして、冷えると膝に違和感がおきてくることもわかりました。それからというもの膝が痛くて歩行が困難な方をよくお見かけしますが、ああ、痛いのだろうなあと思うと、人事でなくなります。わたしは痛かったけれどこうして、痛みが取れましたよ。とおもわず大きな声で、お伝えしたくなります。とりあえず、関節が痛い方は、温めてみてください。
温めることにより、血流が良くなり改善します。とてもシンプルな治し方です。

2007年11月16日 : 11:46 | コメント (0) | トラックバック

シニア大学の文化祭が開催されました。

shinia%20001.jpg shinia%20002.jpg

文化の日に、文化祭が開催されました。常日ごろの練習の成果を皆さんに観賞していただこうと、張り切って、多くの演目が披露されました。私が所属している、37期生の中からも地唄舞を披露して下さいました。地唄舞を、学ぶことにより、心の成長を遂げることができたと、入江恵子さんは、おっしゃっていました。(愛)を、テーマにした演目でそれはすばらしい舞で、引き込まれました。
そして、後に続き、ピアノ演奏やコーラスやハーモニカの独奏ヤ、フラダンスなど、見ごたえ、聴きごたえのある見事なステージばかりでした。皆さんいい趣味をお持ちになられてうらやましい限りです。
私は、今までただ働くだけしか脳のない人生でしたが、これから、何かチャレンジしたいなと思いました。人間って、目的や、目標があると、とても頑張れますよね。
一度サウルハープを習い始めたのですが挫折しています。もう一度習って引けるようになり文化祭に披露ができるようになると、楽しいだろうなとおもいます。いくつになっても、人生を楽しんでいきなきゃ損ですよね。シニア大学に入学してから私は、人生観が変わったように思います。もっと頑張らなければもったいないというような思いに駆られます。もっともっと多くのことを学びたい、知りたいと思います。
私は本当に心身ともに、めちゃくちゃ健康体です。ずっと働き続け風邪ひとつ引いて寝込んだことがありません。健康だからこそ、より充実した人生を送らないと、神様に叱られそうな気がします。
団塊の世代の皆様、どうぞ生きがいのあるシニア大学へおこしくださいませ。楽しいですよ。

2007年11月05日 : 16:31 | コメント (0) | トラックバック

還暦を迎えるのにあたり生活習慣を、変えました。

あと、1ヶ月すれば、いよいよ私は還暦をむかえます。なぜかなぜか私は、還暦が待ちどうしいのです。今までを振り返ると30台から40台になるときなんともいえないいやや、いやと、強く思い心の中にすごい抵抗がありました。また、40台から50代になるときも、とてもとてもいやでした。
ところが、還暦となるととてもまちどうしいかんじです。当初は年金がもらえると言う楽しみがあったのですが、今は見事に国に、裏切られ先延ばしにされてしまいました。でも、わくわくする気持ちは、どこからくるのでしょう?なんとなく思うのは、やっと、大人の仲間入りができてきたのかな・?という安堵感を、感じるのですが、団塊の世代のみなさんは、いかがでしょうね?
今年は私は少し進歩しました。パソコンに挑戦し何とかメールが打てるようになり、ブログに思いを書き込めています。また、私の、生活習慣を見直し、何が足らないかを考えたとき、絶対に運動不足なので

また、自宅から会社まで25分ほどを歩いて通勤しています。それからよる年並みで体脂肪を減らす努力をしなければならないようになりました。家にいながらできそうな運動は?と考えたとき一番続きそうだと、思ったのは、{ロデオ2}です。これなら朝、晩、2回、15分ずつ乗るだけですから、テレビを見ながらできます。そして、もひとつ、頑張って実行していることがあります。それは、遠赤サウナに入り、夏の冷えをとるようにして、血行をよくするようにこころがけています。
血行が悪いと、関節が痛くなったりします。今から、予防しておくに越したことはありません。
今まで私は息子から、どうせ、3日坊主に違いないといわれてしまうのが落ちでしたが。。。。。還暦を迎えるのですからはりきっているのです。
どうかしたら私の母も92歳で今も元気です。ひよっとしたら私も母ぐらい生きてしまいそうな予感がします。後30年も生きるとすると、ぼやぼやしていられません。そうおもいませんか?
後の30年をどういう生き方をするかしっかり考えて日々、を楽しく心豊かに生きてあああ、
(いい人生だった、ありがとう)といって死んでいきたいものですね。

2007年10月26日 : 18:33 | コメント (0) | トラックバック

シニア大学、学園文化祭、演芸の部がかいさいされます。

11月3日「土曜日》午後1時~午後4時まで京都商工会議所3階において
学園文化祭の演芸の部が開催されます。

多種多様の演目です。謡曲あり、詩吟あり、コーラスあり、地唄舞あり、ピアノ演奏ありと
書ききれないぐらいです。普段のレッスンの、成果をぜひ皆様にご披露したくって、はりきって
いらしゃいます。お友達とお誘いあわせ、ご参加くださいませ。 

皆様のご来場を、おまちしています。
      

   

2007年10月19日 : 09:39 | コメント (0) | トラックバック

京都シニア大学学園文化祭が開催されています。

今日から、京都文化博物館において、開催されています。絵画サークル、紙人形サークル
陶芸サークル、書道サークルなど、見事な作品の展示を見させていただきました。

bunkasai%20005.jpg bunkasai.jpg

bunkasai%20001.jpg bunkasai%20002.jpg

力作ぞろいで、年齢を、まったく感じさせないすばらしい作品でした。
こんな風に書けたらいいなあとか、こんなふうに作れたら、どんなにいいだろうなぁと、ただ、感激をして帰ってきました。

私はまだ、現役で仕事を頑張っていますが、そのうちにチャレンジして、いつか作品を出展できるようになりたいと、とても心を動かされた一日でした。

巷では、老人力とか、新老人力とかいう言葉をよく耳にします。
私たち団塊の世代は、おおいにシニアの学生さんからパワーを頂き、これからの人生をより豊かに過ごせたらいいなぁと思います。

明日の4時までですので、ぜひご来場くださいませ。

2007年10月17日 : 16:25 | コメント (0) | トラックバック

シニア大学で、《万葉集」その成立と意義を教えていただきました。

京都教育大学名誉教授の、松井榮一先生の講義を聞かせていただきました。
テーマは、やまとうたの流れよりみた日本の自然と文化、《万葉集》その成立と意義を教えていただきました。一番、知りたかったことを、みごとに、限られた1時間45分の時間の中で凝縮して教えてくださいました。すばらしい講義でした。もっと、もっと聞きたいとおもいました。私は、短歌サークルに入って短歌を学びかけたところですが、講義をお聞きして、歌を詠む時の心得を教えていただけたようにおもいました。自然をながめ感じたことを素直にどのように表現するか、これからもっと勉強して万葉集深めていきたい、とおもいました。

2007年10月09日 : 16:38 | コメント (0) | トラックバック

シニア大学に通い始めました

久しぶりに、ブログを書きたくなりました。私今年、還暦をむかえます。まさに団塊の世代です。
いろいろ、考えることがあり視野を広めたいと強く思い始めシニア大学に通うことにしました。
シニア大学の事務長さんの、深山次郎様のご縁があって、躊躇なくとびこむことができました。京都の、シニア大学は、京都商工会議所の中にあります。地下鉄の、烏丸丸太町を降りて階段をあがったら、すぐです。毎週、火曜日の、10時から授業が始まります。9時30分ごろに、丸太町駅に着きますと、ぞろぞろ、お年寄りの方々が皆一目散に階段をめざして歩き始めます。皆、生き生きとされています。平均年齢は、74歳だそうですがとっても熱心に、授業を受けていらっしゃるお姿を拝見すると、こりゃぼやぼやしてたらあかんと、とても強い刺激をいただきました。
シニア大学の楽しいところは、宿題があるわけでもなく、テストがあるわけでもなく、聞きっぱなしがいいのです。でも、講義を、してくださる先生は、超一流のトップランナーの先生ばかりが教えてくださいます。あらゆるジャンルを超えてのお話はほかでは学べない特徴ではないかと思います。

10時きっかりに、「起立ー」「礼」ではじまります。全員着席から、先生のご紹介から始まります。

小学校のころを思い出し、心新たに先生のお話に集中し2時間があっというまにおわります。そして、事務局からの連絡などがあり、最後にコーラス部の係りの方の誘導で季節の懐かしい歌を、全員合唱でしめくくります。
ほかに、サークル活動もあります。その発表会が、学園文化祭としてまもなく開催されます。

第34回、学園文化祭《展示》、は、10月17日(水)18日(木)「京都文化博物館」において、開催されます。

また、サークル活動も活発にされています。それから、シニア大学に在籍していることによりいろんな特典もあります。

たとえばアルゼンチンタンゴフランシスコ。カナロ楽団の演奏会が10月24日水曜日に、京都会館第一ホールで、開演されますが割引の券をいただくこともできます。


人生を、楽しく有意義にすごしませんか・?

リタイヤして、何もすることがないのは寂しいですよね・自分探しの旅にでませんか?


この、ブログを、読んでいただき関心をもってくださったかたは、いつでもおといあわせくださいませ。

案内をお送りさせていただきます。


詳しい案内を、おくらさせていただきます。

2007年10月08日 : 16:45 | コメント (0) | トラックバック

京都発 ひだまり岩盤浴

私の友人でもありお客さんでもある京都の山科在住の森田さんが、この度、ひだまり岩盤浴を開業されました。

なんでも、北海道産ブラックシリカという鉱石を使用し、マイナスイオンプレートとの併用で温浴効果が通常の数十倍にもなった岩盤浴だそうです。
また、天然で還元力があり、弱アルカリ性で飲みやすい百山命水を取り入れるなど、体の中からきれいになることを目的とし、さらに音からの癒しを大切にしたからだに優しいひだまりの岩盤浴です。

普通の岩盤浴で満足できない方や、興味のある方は是非体験してみて下さい。
私もぜひ行ってみたいです!

詳しくはこちら→http://www.cozy-hidamari.com/

2007年05月01日 : 11:21 | コメント (0) | トラックバック

半断食のすすめ

blog 021.jpg平成17年度厚生労働省の発表によると、死因の1位がガンで2人に1人がガンにかかり3人に1人が亡くなっていると言われています。今やガンは特別な病気ではなく生活習慣病に位置づけされているのです。
生活習慣病は食べ物の好みや思い癖、対人関係などすべて日常生活となり悪い習慣だと気づかなかったり、脱却できないのが厄介なのです。

私は時々、生活習慣を見直すためにフルーツ発酵食による半断食を行ないます。

お腹も気持ちよく減り、トイレの後のいやな匂いも無くなり、なにより食事が楽しみで美味しく感じます。
完全な断食ではないので、日常生活にも支障を来しませんし、手軽におこなえるのが嬉しいですね。


<材料>(一日分)
りんご・・・・・・・・・・・2個
グレープフルーツ・・・1個
バナナ・・・・・・・・・・・2本
天然酵母・・・・・・・・・60ml
松の実・・・・・・・・・・大さじ2杯
ひまわりの種・・・・・大さじ2杯
かぼちゃの種・・・・・大さじ2杯
梅肉酵母エキス・・・小さじ3杯

<作り方>
1.リンゴは皮をむき、芯をとり、食べやすくイチョウ切りにする。
2.グレープフルーツは皮をむき、身をほぐす。
3.バナナも皮をむき一口大に切る。
4.(1).(2).(3).をタッパーに入れ天然酵母を上から掛け3時間ほど置く。

材料を揃え、上記のようにつくりおく。
朝、昼、晩、この発酵果実食を食べ、補食に木の実を大さじに2~3杯と梅肉酵母エキスを1回小さじに1杯ほどなめる。そして天然酵母20mlを6~7倍に薄めたものをジュースとしていただきます。
おなかの中の大掃除をおこないながら、良質の生きた酵母菌をいれると同時に内臓を休め腸内環境を整えるとお肌の調子も気分もリフレッシュされます。

私はお食事が大好きですが、年に何回か1~2日間実践していますし、回復食には黒米母湯を活用しております。

・天然酵母の詳細はこちらをご覧くださいませ

・梅肉酵母エキスの詳細はこちらをご覧くださいませ

・黒米母湯の詳細はこちらをご覧くださいませ

2006年09月01日 : 12:30 | コメント (0) | トラックバック

安心な子育て

IMGP1218.JPG IMGP1220.JPG IMGP1226.JPG

7月2日(日)、京都モラロジー主催による「親育ち子育つ」講演会が久御山町役場の5Fにおいて開催されました。私も参加したのですが、130名余りの参加者で大いに盛り上がってました。

演者は石田勝正先生で、テーマは”安心な子育て”でした。
先生は”思いやりは本性”のリーフレットを用意され、自我について大変わかりやすくお話をすすめられました。

子育て真っ最中の若いママさん達も熱心にお話を聞かれ、講演終了後の質問の時間には数名の方が今直面されている悩みを相談され、それぞれに丁寧に先生がお答えになり安心されたご様子でした。

後を絶たない痛ましい殺人事件のニュースに誰もが心を痛め、”どうしてこんなことになったのだろう”と誰もが思っているでしょう。それを解決するヒントが石田先生の”心って何だろう”と”抱かれる子どもはよい子に育つ”の本に書かれています。

まだ読まれてない方は、ぜひご一読くださいませ。

2006年07月06日 : 17:38 | コメント (0) | トラックバック

大根でウロコをとる

blog 215.jpg久しぶりに次男が和歌山県へ海釣りに出かけ、今回は大きな鯛を3匹も持って帰ってきました。
私は大きな魚を料理するのがどうも苦手で、ウロコを取る道具さえ持っていません。
毎回近所のすし屋さんへ持っていくのも気が引けるし、どうしたものかと思案することしきり。

それで、いつも親しくしてるお客様に電話をかけ事情を話すと、”大根でウロコ取れるえ~”と教えてくださいました。
えーっ!大根でウロコが取れるなんて、生まれて初めて聞きました。

大根を適当な大きさに輪切りにしてコスルだけですが、なんと見事にウロコが取れるんです!
ウロコがそこら中に飛び散ることもなく、本当に感動しました!!

今回は3枚におろし煮付けにして、今朝の朝食にしました。
これでいつ釣ってきてももう大丈夫です(笑)

2006年03月27日 : 11:27 | コメント (0) | トラックバック

がん・リウマチの血管内治療

----クリニカET 奥野哲治先生のクリニックに表敬訪問して参りました----
 
兼ねてから注目しております”血管内治療”を長年実践されてこられた奥野哲治先生のクリニックへお伺いし見学させていただきました。

横浜の高台にあるおしゃれな町並みの一角にホテルアトラスがあり、その中の2F.3Fのフロアーにクリニックがあります。

ホテルのロビーのような待合室は、とても落ち着いた良い雰囲気です。
素晴らしい油絵の他に観葉植物や蘭の鉢植えが置かれ、患者様がリラックス出来るように優しい心遣いが感じとれます。

blog 204.jpg blog 205.jpg
blog 208.jpg blog 209.jpg

クリニカE.Tは進行ガンの患者様のご相談が多く、先生は「何とか良くしてあげたい。少しでも質の高い生活が出来るように」と考え心を砕いておられます。
そして、同じ想いの医師のネットワークも広げアドバイスされています。

また、外国にも出かけられ、血管内治療を広める精力的な医療活動を展開されています。

2006年02月18日 : 18:04 | コメント (0) | トラックバック

「ガンに打ち勝つ患者学」の本のご紹介

「ガンに打ち勝つ患者学」(末期ガンから生還した1万5000人の経験に学ぶ)

blog 199.jpgごく当たり前に”余命3ヶ月”と担当主治医から告知を受けた時の言葉にいい表せない程のショック・・・。
頭の中が真っ白になり、しばらくは何も手につかず何も考えられない日々が続きます。
でも人間は強いです。何とかこの危機を切り抜けようと心が働きます。
巷では沢山の健康に関する本がありますが、どのような本に出会うかで人生が大きく左右されます。
今回ご紹介するのは、天理よろず相談所病院元副院長の今中孝信先生から頂いた本です。
この本は「精神性」を重視しながら日常生活にかかわることが細かく書かれています。

ガンが回復する8つの戦略が書かれています。
具体的で内容の濃い1冊です。

闘病中の方はぜひご一読ください。

2005年12月20日 : 19:48 | コメント (0) | トラックバック

豆あじの南蛮漬け

仕事を終えて、帰宅すると流しのところに大きな発砲スチロールの箱がおいてあります。
ひょとしたら・・・と思って急いで中を覗いてみたら、なんと美味しそう!!豆あじが20匹位すでに頭も取り腹わたも取って調理が出来る状態になっています。
昨夜次男が、会社の方達と舞鶴まで夜づりに出掛け、一晩かけて釣ってきた魚でした。イカ釣りに出掛けたはずでしたが、どうやら釣れたのは豆あじだったようです。

blog 196.jpg blog 197.jpg

早速、薄力粉をまぶしてカラアゲにしました。
豆あじは骨が固いので二度揚げにし、コーボンと酢で甘酢を作り玉ねぎのスライスとピーマンと人参をあしらえて漬け込みました。骨もみな、食べられる料理にとても満足です。
 
我が家の猫2匹は生の頭をペロリと平らげたそうです。
どおりで賢いわけだ(^^;

2005年12月13日 : 10:56 | コメント (0) | トラックバック

みめうるわしい自慢のイソさんに異変が!!

画像.jpg寒くなるまでに一度シャンプーをしなければ・・・と思っていました。やっとの思いで一週間前にシャンプーをしました。ところが、その明くる日から俄然元気がなくなり、食欲も落ち大好きなエサも食べようとしません。だんだん弱って来て足元はフラフラ、毛並みはヨレヨレ・・・おかしい!! 又腎臓が悪くなって来たのでは・・・・と思っていた矢先、昨夜の事です。 両足の両脇の下辺りの皮膚が露出しているじゃありませんか!!こんな事初めてです。

あわてて今朝、動物病院へ連れて行き先生に診てもらいました。
細々と経過を先生に伝えました。「皮膚の方はシャンプーでまけたんでしょうなぁ~」と先生が一言。。。
粗品で頂いたシャンプーを何気なく使ったことで経ヒ毒性の猫体実験をしてしまった様な気がします。
界面活性剤が皮膚から吸収するのはよくわかっていますが、可哀想なことをしてしまいました。

そして血液検査をしましたらやはり尿素窒素が63とアップしています。もうイソさんは人間の年齢で言えば88才位の年齢だそうです。
しばらくお薬を飲み又元気なイソさんに戻ってくれることを願って止みません。

2005年10月25日 : 18:35 | コメント (0) | トラックバック

「心の科学」勉強会 準備会は語る

10月16日(日)京都ブライトンホテル(花閒)において「心の科学」勉強会「準備会は語る」を開催いたしました。

私はあらたまった場での挨拶が一番苦手で、前日に半日かけて書いた挨拶文もどこかへ失ってしまい、思っていたことの1/100も言えませんでした(^^;
でも、遠方からかけつけてくださった方や初対面の方々とも和気あいあいと楽しく交流でき、たいへん充実した時間を過ごすことが出来ました。

blog 184.jpg blog 185.jpg
blog 187.jpg blog 189.jpg

この「準備会は語る」は準備会のメンバーと協力者を交えての昼食会とお話会でした。
この準備会に参加くださっている方々は、それぞれの専門分野で既に世直しをしようと活躍されています。幅広い立場での世直しの考え方が大切だという考えから、ネットワークを広げ、心の問題を根本から解決し、それから起きる悲惨なことを少なくしていきたいと願っています。
昼食後それぞれの先生方の講演は、たいへん素晴らしいお話でした。

・新宮秀夫先生「呼吸は心とからだを結ぶ」-お釈迦様の考え「数息観」-
・磯部善成先生「健やかな共生の社会をめざして」
・石田勝正先生「愛情の役割
その他NPO「たまごママネット」の新井一令さんも参加してくださいました。新井一令さんは、元フジテレビのディレクターで「孤独なママの強い味方」でホームページと育児ルームで子育て支援を精力的に活動されています。

↓磯部善成先生の「健やかな共生の社会をめざして」は続きをご覧ください。

超高齢化社会では高齢者こそが主役。

わが国では、世界的にその類を見ない速さで、少子高齢化社会を迎えつつあります。出生率の回復を期待できない現状からすれば、今後数年で、65才以上の人口が25%を超えて、超高齢化社会になることは避けられません。老人医療費、介護保険費、年金の支払い等々の限界を超えての増加は、経済面でも精神面でも、ますます若年層への負担として重くのしかかり、わが国は、否応なく、解決困難な課題に直面せざるをえなくなります。

将来も現在の活力を維持して、誰もが幸せを感じられる社会を構築し、世界に先駆けることができるか否かは、高齢者自身の生き方にかかっています。ですから、高齢者自身が、何よりも先ず、何が問題であるかを自覚しておかなければなりません。

なぜなら、やがて25%を超える高齢者こそが、少子超高齢化社会の担い手であり、日本の将来はその両肩に託されていると考えられるからです。

このシンポジウムの趣旨と目的は、少子高齢化社会の中で、希望の持てる解決策を模索するために、科学、哲学、宗教、医学、法律、経済、教育、芸術など、さまざまな分野の人智が、どのような役割を果たせるかを討議すると同時に、今一度、その人智を統合する道を探ることにあります。

「すこやかな共生の社会をめざして」の会代表  磯辺善成

2005年10月19日 : 19:04 | コメント (0) | トラックバック

花の癒し

blog 183.jpgこのお花を見てください!心がパァーと明るくなりますね。
昨日、遠路遙々お客様が手みやげにと持ってきて下さいました。
優しいお心遣いと美しい花の輝きで、私はいま幸せな気持ちで一杯です。

明日は、「心の科学」勉強会の準備会があります。
私は事務局としてこの会のお手伝いをさせていただいております。明日、私は挨拶をしなければなりませんので、今から緊張しっぱなしです。
どうかスムーズに会が運ばれることを願って止みません(^^;

今日は、この綺麗なお花を何度も何度も眺めて心を落ちつかせています。

2005年10月15日 : 15:02 | コメント (0) | トラックバック

我が家の猫たち・・・

blog 177.jpg blog 179.jpg

一雨ごとに寒くなっていきます。我が家の猫たちはきわめて寒さには敏感です。
私がソファーでくつろいでいると、間髪を入れず膝に乗ってきます。

1歳を迎えたぶーちゃんがやっと最近落ち着いてきて、ひっかいたり、噛みついたりしなくなり、私の手足の生傷がたえなかった頃から思うと、嘘のように穏やかな時を過ごせるようになりました。

居候のイソさんのように、食事のとき以外はずっと寝ている子もチョット頼りなく感じる時もありますが、餌を催促する時はとても声が大きいのです。
年を取って耳が遠くなっているのでしょうか(^^;

2005年10月07日 : 19:31 | コメント (0) | トラックバック

テンペのフライを作りました

blog 176.jpg今、テンペ(大豆をテンペ菌で発酵させたもの)が注目されています。
納豆独特の香りもなく、あの匂いが苦手な方にも美味しく召し上がって頂けます。
テンペフライ!とってもヘルシーでおいしいですよ~。
噛みしめるほどにテンペの甘味も口内に広がり、大豆その物のおいしさを楽しめます。
一口フライにしてもいいですね!

昔、私は納豆の香りが苦手で「関西人は納豆を食べる文化がないねん」などと言っていましたが、ある日、もの凄くお腹が空いていて、何かすぐに食べられる物がないかと冷蔵庫をあさりました。見つかったのは納豆だけ。。。この際これでいいか(考えること10秒)。勇気を振り絞って食べてみると、結構おいしいではありませんか!!
あれほど嫌だった食感と香りが気にならなかったのです。
”女心と秋の空”とは良く言ったものですね!(笑)

私は、日頃から生活習慣を変える意味でも、今まで苦手だった物を食べてみたり、逆に好きだった物を止めたりしています。嫌いな物を食べる時は、うーんとお腹を空かせてから頂くことにしています。年を取るにしたがって味覚が変わるのか、お腹を空かせていることが良いのかは分かりませんが、苦手な物が好きになることが多いです。
まずは、簡単に出来る生活習慣の改善を試みてはいかがでしょう。

2005年10月03日 : 18:45 | コメント (0) | トラックバック

たこ焼き大好き

takoyakiki.jpg実はわたくし、大のたこ焼きオタクであります。
あのフワッとした心地よい舌ざわりの後、トロ~リあつあつの中からプニッとしたタコが現れる瞬間がたまりませんよね。今まで美味しいたこ焼きを求め色々と食べてきましたが、どの店も焼具合などは申し分ないのですが、化学調味料の味だけが私にとって邪魔でした。このままでは、一生私の味覚に合うたこ焼きに出会えないのではないかと、急に焦りだしたのが一昨日の夜でした。

今日のお昼は、よく行く近所のお蕎麦屋さんへ行ったのですが、そこの蕎麦屋の人が天かすをくれたのです。私は天かすを使う料理は普段しないし、たこ焼きを作る時にどうしたものか考えていた矢先なので、これは神様からの思し召しかと。こうなれば自分で作るしかない!本日、さっそく買ってきましたよ~ たこ焼きの鉄板と材料などを♪
また近々たこ焼きの報告をしたいと思います。なぜ、今日は焼かないのか気になりますか?
ガスのホースを買うのを忘れちゃったんです(^^;

2005年10月02日 : 17:37 | コメント (0) | トラックバック

貴重な舟流し栗ようかん

blog 171.jpg blog 172.jpg

長男のお嫁さんの実家から、栗ようかんをいただきました。

昔からの製法で作られた”舟流し栗ようかん”というものだそうです。
舟流しようかんとは、練り上げたようかんを大きな木の容器(舟という)に流し込んで作られ、注文に応じて切り分け、竹の皮に包まれたものです。
もちろん防腐剤は入っておりませんので、賞味期限は2~3日と短いです。
まさに時間との闘いです!
ここの社長さんだけが代々作られる限定品で、しかも年に2日間しか製造されないものだということで、とても緊張しながらいただきました。
食べた感想は、正真正銘本物の栗ようかんでした。
甘さも控えめでとても美味しかったです。

桜井甘精堂の栗ようかんの詳細はこちらをご覧下さい。

私も長男も甘くてモチモチした食べ物が好物で、つつき出すと止まりません。
先日も、あるお客様から戴いた抹茶の葛餅を、長男と二人で競い合うように食べてしまいました。
長男曰く、私と一緒に食べると忙しないそうでが、それはお互い様でございます(笑)

2005年09月25日 : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

猫舌な私は火傷しました

2~3日前、夕食のメニューに鶏の唐揚げを作りました。揚げたてのアツアツを一口ほおばったところ
ジュワーっと熱い油と共に肉汁が飛び出し、上あご一面と舌の先を火傷してしまいました。
 堅い物も熱いものも駄目だし、味付けの濃い料理までしみて食べられません。ひたすら治るまで食断ちをする以外無いと悟りました。

でも、卑しい私は閃いたのです!私には黒米母湯が売るほど有るではありませんか!(笑)
お腹が空いていた私は、さっそく黒米母湯を少し温めソ~ロリと口に含んでみました。
あ~おいしい・・・。この時ばかりは天の助けだと感謝したとともに自分の閃きに乾杯!

黒米母湯は塩分を控えておりますので、こんな時でも助かりました。
腹の底から気力・体力が沸いてきた私は、ほんと素晴らしい商品を創ったと自画自賛しております(笑)

黒米母湯が気になる方は→こちらをご覧ください。

2005年09月23日 : 18:56 | コメント (0) | トラックバック

便利屋さーん助けてー

今朝、”お母さん!毛虫が100匹くらいいるー!!”と次男のただならぬ声に、私は既に腰が引けています。恐る恐る玄関まで見に行くと、4~5cmもあろうかという黒い毛虫が、玄関周りの壁や扉にへばり付いていました(怖)

私はゴキブリの大きいのはさほど怖くは無いのですが、毛虫やミミズは見るだけで全身の毛が逆立ちます。わが家の男性諸君は、ゴキブリを見ても逃げ出すような男なので、全く頼りになりません(^^;
ですから、私のお助けマンは”便利屋のぶちゃん”です。

私:「のぶちゃん!朝早くからごめんね~。玄関に毛虫が沢山いるの~掃除に来て~」
のぶちゃん:「ハイハ~イ!」

と、電話一本で、何でも快く引き受けてくれるので本当に大助かりなのです。
ちょっとした、引っ越しから電気の配線工事、電化製品の修理、庭の草抜きまで、男手が必要な時にホント助かっています。

blog 174.jpg便利屋のぶちゃんに御用のある方は、下記の電話にどうぞ!
〒601-1463 京都府京都市伏見区小栗栖中山田町75-7
TEL:075-572-3863(のぶちゃんまで)

2005年09月21日 : 19:27 | コメント (0) | トラックバック

中秋の名月

blog 173.jpg blog 170.jpg

一昨日は中秋の名月でした。朝・夕が大変涼しくなり油断すると風邪を引きそうになります。
めずらしくお天気だったので、ススキを取ってきてお花を花瓶に生けました。
夜空をあおいでお月様を観賞しました。
お団子の代わりにお散らしのお寿司を作り、お香をたき、一人静かに幼い頃に読み聞かせをしてもらったかぐや姫のお話を思い出します。

今は人がお月さんへ行ける時代・・・喜ぶべきことなのか、ちょっと複雑な心境です(^^;

2005年09月20日 : 12:47 | コメント (0) | トラックバック

アトピー性皮膚炎に悩むすべての方々に

今日はエネカンの会で知り合った磯辺善成先生の本を紹介をします。
blog 168.jpg blog 169.jpg

~磯辺善成先生のプロフィール~
1937年福井県生まれ
1966年京都大学医学部卒業。福井日赤外科、京都大学医学部第2外科勤務を経て、1974年米国コロラド大学へ留学。消化管の局所免疫に関する研究に従事。酵素抗体法と電子顕微鏡を用いて局所免疫を解明する。
1978年、消化管における局所免疫の研究で、京都大学学位記授与。1980年から1987年まで京都大学医学部講師を務める。
1993年「いそべクリニック」を開設。現在はアレルギー科のほか、皮膚科、内科、小児科を併設している。

昨今、ガンや糖尿病と同じくアトピー性皮膚炎は国民病となっています。
アトピー性皮膚炎で困っている方は全国津々浦々におられます。
磯辺善成先生は、アトピー性皮膚炎を石けんを使わずに治す治療を実践されています。

私は愛知万博へ行った時、磯辺先生の講演を聞かせていただきました。
その時にスライドをたくさん見せていただきましたが、先生は石けんを使用しないでアトピーを治した症例をたくさんお持ちです。アトピー体質の肌は石けんに含まれる界面活性剤が経皮吸収され、皮膚の炎症を悪化させます。また、石けんを使いごしごし洗うと、汚れだけならともかく肌に必要なものまで落としてしまい、症状をより悪くさせてしまうのです。

アトピーでお困りの方はこの本を一度読まれてみてはいかがでしょう。
とても解りやすく書かれています。

アトピー性皮膚炎これで治る!(早稲田出版 税別1,300円)
痛みとの闘い(早稲田出版 税別1,400円)

悠悠でも販売しております。ご注文は下記まで。
info@kurogome.jp

2005年09月15日 : 19:07 | コメント (0) | トラックバック

デトックスとは

朝のテレビで聞き慣れない言葉が飛び込んできました!デトックス。。。
耳を澄ましてよく聞いてみるとデトックスとは”身体の代謝を促進させて毒抜きをする”ことだそうです。

最近は生活様式が変わり、真夏でもクーラー漬けになり汗をかくことが減りました。
わが家では週に1~2回は遠赤サウナー(ビバ・スマーティー)に入り、血行を良くし老廃物の排出を意識しています。サラサラの汗からねっとりした汗が出てくると身体も軽く感じます。

また、日常的には手軽にできる肝臓腎臓の温冷シップをします。目的は2つ。一日の疲れを取るためと、リラクゼーションタイムに。肝臓腎臓を温めるだけでもジワッと汗ばんできます。
臨床治験でも肝・腎の温冷シップをすることにより、DHEA(若返りホルモン)の分泌量が増えることを確認しています。

実年齢以上の老化は避けたいものです(^^;

2005年09月10日 : 15:25 | コメント (0) | トラックバック

そば飯ってご存知ですか

blog 164.jpg先日、生まれて初めてそば飯なるものをいただきました。
店のパートさんとお昼ご飯を食べようとしたその時です!なにやら焼きそばらしきお弁当を出すので「今日のお昼は焼きそばなん?」と聞くと、「そば飯です」と言われ私は??そば飯。。。ソバ米の焼きめしかな?と思ったのですが、なんと、焼きソバとごはんを炒めた物だったのです(^^;
よく関東の方から「お好み焼き定食など、関西人は炭水化物をおかずにご飯を食べる」と驚かれますが、これはいかがでしょう?

私も少しパートさんから分けてもらいましたが、おいしかったですよ(笑)
今度つくり方を聞いてここで紹介したいと思います。

2005年09月09日 : 19:16 | コメント (0) | トラックバック

しますえ よしおチャリティコンサートに行って来ました

しますえよしおしますえよしお

しますえよしおしますえよしお

京おんなの会 主催: 8月28日(日) 京都会館 第2ホールで行われた、しますえよしおチャリティコンサートに行って来ました。(このコンサートの収益金は身体障害者小規模授産施設に寄付されます。)

日本では、数少ないシャンソン歌手のしますえよしおさんには、熱烈なシニアファンが沢山おられます。
京都会館のホール前には開演を待つ京おんなでいっぱいになりました。私も10年余り前から年に1~2回開催されるコンサートには必ず参加して陰ながら応援しています。

しますえよしおさんは、幼い頃小児マヒにかかられました。その後遺症で足がご不自由だったので、何度も歌手生活を断念しょうと思われたそうですが、素晴らしい医師との出会いがあり、見事克服されて現在に至っておられます。

レパートリの中の一曲「声のない恋」は、1981年「国際障害者年」を記念して「アズナブール」が作った曲で、手話を使いながら障害を持つ恋人に歌いかける歌ですが、しますえよしおさんが歌われると、自らも身体にハンディをもつ彼ならでわの感動が胸に迫ってくる秀作です。

オープニングの曲が「幸福を売る男」まさにその通りだと思います。しますえよしおさんの人柄そのものがソフトな声とともに、人の心に染みわたる素晴らしい歌声です。どんなに多くの人に優しさと勇気と希望を与えてこられたことでしょう。そして力強く生きることを伝えてくれます。

私がとても辛かった時に彼との出会いがあり、とても心が癒されました。「生きる」という素晴らしい歌がありますが、その曲を聴くと涙がこぼれてきます。演奏を受け持つ和田典久さん率いるバンドの方々の澄み切ったピアノとヴァイオリンの音色は素晴らしく、情緒あふれるシャンソンの歌の世界に心が魅了されます。

blog 157.jpgそんな彼を支える絶大な支援者に、京阪三条駅前にある”だんおう保育園”の園長、信ヶ原千恵子先生を語らずにはいられません。京おんなの会の代表でもあります。信ヶ原先生は昔から”子供を抱きしめて・愛して・育てる”ことの大切さを教え、育み素晴らしい保育を実践されてきています。そのパワフルな活動はまさに京おんなの底力でしょう。一人でも多くの人に喜びと幸せと感動を届けてほしいと思っています。

~~次回予告~~ 
しますえよしおディナーショー・・・12月21日(水)pm6:30~ 
リーガロイヤルホテル京都にて

~~しますえよしお・プロフィール~~
日本で数少ないシャンソン歌手の一人。学生時代に「銀巴里」を中心に歌い始め、NHK・民法のオーデションに合格。その後数多くのコンサートを開催したり、労音・音響・東京都音楽祭・つくば国際音楽祭及びテレビ・ラジオ・ホテルのディナーショー等に出演している。

フランス公演では、リーヌ・ルノーと共演し大成功を納め、当時パリ市長だったフランス大統領シラク氏からパリ市庁舎に招待され激励された。レパートリーも広く、高校・中学の音楽授業の一環として「しますえ・よしおコンサート」が取り上げられたり、全国のチャリティーコンサートにも数多く出演している。
現在蟻ん子プロからはCD「愛の賛歌」「ロマンス」「去り行く今」が発売されている。

東京四谷二丁目にシャンソンライブハウス「蟻ん子」をオープンしている。
03-3357-6404 (月曜定休) 

2005年08月30日 : 11:04 | コメント (0) | トラックバック

エネカンの月例会に参加して・・・

blog 156.jpgお盆がすぎて夏の暑さもホット一息ついたしのぎやすい日でした。

京都大学時計台記念館で、NPO京都エネルギー環境研究協会(エネカンの会)の例会に出席しました。
テーマは安般守意経(あんぱんしゅいきょう)と白隠という江戸時代の禅のお坊さんの本、夜船閑話(やせんかんな)などについてのお話でした。

課題の
(1)に安般守意経(気づきの経典)息を数えて心を整えるやり方が親切に書かれている。
(2)隻手音声(せきしゅおんじょう)白隠さんのお話。
白隠さんは、駿河の松蔭寺(臨済宗)のお坊さんで、若い頃禅に凝りすぎてノイローゼになり、京都の北白川の瓜生山(うりゅうやま)の奥に住んでおられた隠者、白幽老人のもとを尋ねて「内観法」という数息を採り入れた心と体の調整法を学び、健康を取り戻し、そのいきさつを「夜船閑話」という本に書いている。
瓜生山は新宮先生の子供時代の遊び場で、縄張りのうちなので興味を覚えられてあれこれ著書をお読みになられたそうです。

夫が癌になって間もない頃、30年くらい前になるでしょうか、白隠さんの夜船閑話の本から呼吸法や健康法の基礎を学んだのです。もう一度読み直してみようと思います。

詳しいことはエネカンのホームページへどうぞ・・・・

2005年08月29日 : 19:28 | コメント (0) | トラックバック

上諏訪温泉へ行って来ました

私はお盆休みの間に1泊で長野県にある上諏訪温泉へ行って来ました。
諏訪湖では8月中毎晩花火が上がるそうです。

blog 149.jpgblog 151.jpg

その中で最も大きな花火大会の日は8月15日ですが、私は残念ながら見ることが出来ませんでした。
でも20~30分間、花火を見ることは出来ましたよ~。
これを1ヶ月間毎晩するのか?と、思うほど盛大でした。

私が泊まった旅館布半(ぬのはん)からは、贅沢にもお部屋から花火を楽しめました。
こんな経験は生まれてこのかた初めてのことで、とても満足しております。

また、お料理も大変美味しく、残さず完食したのは言うまでもありません。
(お料理の写真は、食べることに夢中で撮るのを忘れてました)
食って寝て温泉に入ってを繰り返した感想は。。。
チョット太りました(^^;

さて、今日からまた玄米を食べるとするか。。。

2005年08月17日 : 13:29 | コメント (0) | トラックバック

身近なところでの幸せさがし

blog 144.jpgいつも利用しているお花屋さんで見つけました。
見てください!このお花!!みごとでしょう。
蘭科のグラマトフィラムというそうです。
とても存在感があり、みどりの美しさが気に入りました。

ずぅ~と咲いていてくれたらいいのになぁ~と眺めていると、とても
心も身体も癒されました。

ただ私は植物を育てるのが苦手で、可愛がれば可愛がるほどすぐに枯れてしまいます。
愛情のかけ方は難しいものですね(^^;

2005年08月10日 : 19:35 | コメント (0) | トラックバック

コアラ抱っこは股関節脱臼の予防になります

”いいお産の日”のイベントに行って気づいたことがあります。
去年の参加者は500人余りで、今年は赤ちゃんも含めると1000人を超えたそうです。
悠悠のブースで用意したパンフレットは200部でした。
一人一人に声をかけパンフレットを渡しながら石田先生の”抱かれる子どもはよい子に育つ”と”心って何だろう”の本を紹介しました。どちらの本もたいへんよく売れ、皆さんの関心の高さを強く感じました。

今年はお腹の大きな妊婦さんがたくさん参加くださっているので私も喜んでいます。
ただ、ちょっと気になったことは、生後2、3ヶ月の赤ちゃんが大きなフロシキのような布に包まれて、横抱きにされているのを多々見受けました。とても窮屈そうで”あ~かわいそうに”と思わず声が出そうになりました。赤ちゃんの抱き方はコアラ抱っこにして下さいと心から思いました。

コアラ抱っこの説明はこちらをご覧ください

2005年08月09日 : 19:37 | コメント (0) | トラックバック

「 いいお産の日」in京都 2005 大盛況でした

以前よりお知らせしていましたイベント「いいお産の日2005」へ行ってきました。悠悠は、「自然食品の店 はまだ」の時代からこのイベントに何度も出店をしており、おかげさまで若いお母さんとお話をさせて頂く機会をたくさん頂き、とても感謝しております。
妊婦さんや赤ちゃんを連れたお母さんに、石田先生のリーフレット「コアラだっこで育てましょう」をお渡しし、「抱かれる子どもはよい子に育つ」のご案内もさせて頂きました。
今回は「オニババ化する女たち」の著者、三砂ちづるさんが急遽シンポジウムに参加されたということもあり、会場は大入り満員。妊婦さん用のリフレクソロジーやマタニティヨーガ教室も、整理券の配布が即・終了するほどのすごい人気でした。
少子化の時代だからこそ、「お産」を大切にしたいです。悠悠は、妊婦さんや助産婦さんなど、お産に関わる方々を支援していきたいと思います。

20050807_01.jpg20050807_02.jpg
【左】会場、ハートピア京都の入り口です。【右】3Fイベント会場の受付。

20050807_03.jpg20050807_04.jpg
【左】シンポジウム会場。すごい人です。(ちなみにモニタ中継が見られる第二会場も満員でした)

2005年08月08日 : 09:26 | コメント (1) | トラックバック

第5回”いいお産の日 IN 京都

定着してきました・・・第五回”いいお産の日” 8月7日(日)ハートピア京都において・・・AM10:00~3:30 無料

(有)悠悠も出店しています。生まれたその日から母乳で育てるのは、哺乳動物としての本能です。
オッパイを吸わせることは「育児」でもあり「育自」でもあるのです。
なぜなら、母乳を吸わせることにより母親自身の心も愛に満たされて育っていくのです。
でもオッパイが充分に出ないと母親もイライラし不安になり子育てがしんどいものになります。
手軽に出来る玄米食(黒米母湯)を取ると栄養のバランスが良く母子共に健康な体をつくってくれますしオッパイもよく出るようになります。
私も二人の息子を100%母乳で育てました。母乳は、罹病防止の自然食なのです。

母乳の利点で忘れてならない事は・・・

*母乳栄養の新生児には病原性大腸菌の感染が見られないこと
*敗血症や髄膜炎にかかりにくいこと 

母乳は大腸菌などの侵入を阻止する物質を含有しているのです。
母乳はからだの栄養になり病気への抵抗力をつけ、さらに愛のメッセージになって心を養うのです。
遺伝子を傷つける様な食べ物を極力省いて、心身共に健康な子育てをしましょう。
そして離乳食は黒米母湯をスプーン一さじから与えましょう。

2005年08月05日 : 18:12 | コメント (0) | トラックバック

「生き方が病気(がん)を決める」

blog 141.jpg天理よろず相談所病院 元副院長の今中孝信先生からメッセージが届きました。
「生き方が病気(がん)を決める」 2~3日前先生から郵便物が届きました ”あっ又本かな?”と思って、急いで封を開けましたらなんとCDでした。”まさか先生が歌手デビューでもされたのか!”と思うそそっかしい私。。。
タイトルをよく見れば陽気読者講演会のCDでした。
先生の講演は本当に分かりやすく、説得力があり楽しいお話です。

過去に弊社でも先生の講演会を何回かしておりますので、その時の状況が伝わってきます。
常に病気の食事相談にのっている私は、早速”先生CDを50枚送って下さい”とお電話したのです。 

関心があって、ぜひ今中先生のCDを聞いて見たい方はどうぞ、ご一報ください。
CD2枚組:定価1200円で送らせていただきます。


■お申し込み、お問い合わせは濱田まで。

E-mail:info@kurogome.jp
TEL:075-643-3157
FAX:075-641-1178

2005年08月01日 : 17:53 | コメント (0) | トラックバック

イソさんは生活習慣病かな?

blog 138.jpg blog 139.jpg

先日、猫の居候のイソさんが右前足の指の辺りから血がにじんでいました。”どうしたのかなぁ~ぶーちゃんとケンカでもしたのかなぁ~”と気にはしながらも、何しろ忙しかったので動物病院に連れて行く間がありませんでした。やっと一息着いたので今日こそは!と思い車で10分位のかかりつけの先生の所へ連れて行きました。

去年の夏も腎臓を悪くしていて、しばらく薬を飲んでいたイソさんは、先生も覚えていて下さっていて、”あっ 元気になってよかったですねー”と喜んでくださったのです。”先生、実は前足から血がにじんでいるので診て下さい。”と申しましすと”あっ!ツメが刺さっていますね!つめ切りで切ったらだいじょうぶですよー”と。

イソさんは家から表にも出ず全く歩くことが無く朝から晩まで寝てばっかりです。起きる時はおしっこにいく時とエサを食べる時だけなのです。だからツメが延びても減らないで肉球に刺さってしまうのです。
動物の世界にも、生活習慣病がひたひたと押し寄せてきているのですニャ~!!

2005年07月27日 : 13:55 | コメント (0) | トラックバック

5週間ぶりの休日

7月は大変忙しく、5週間ぶりの休日を満喫しました。田舎の友達が遊びに来てくれ、早速お出かけ・・・つもる話は山盛りで、いくら時間があっても足りません。ランチでも食べようと何気なく立ち寄ったホテルのサービスメニューを食べ、ラウンジでお茶を飲み、夕食はイタリアン・・・ホテルに一日居座りました。このホテルでは、毎年恒例の夏のイベント、「リレー音楽祭INアトリウム」が催されていました。7月24日はオペラ・ガラコンサートでした。澄んだグランドピアノの音色と共に京都オペラ協会の方達の熱唱を聞かせて頂くことが出来ました。日常生活から離れて過ごすひとときは、心も体も癒してくれます。素晴らしいリフレッシュタイムになりました。
京都ブライトンホテルで、8月2日(火)まで夜8:00から30分間コンサートが催されています。 

2005年07月26日 : 18:22 | コメント (0) | トラックバック

地球温暖化防止のために私があなたが出来ること

blog 137.jpg先日エネカンの総会へ参加しました。
そこで省エネ共和国と書かれたパスポートをいただきました。

省エネ共和国とは、地球温暖化防止のためにエネルギーを考え、省エネルギー・環境・リサイクルなどを推進する地域活動を、それぞれの特性に合わせたプランに基づいて、実践をめざす人々の集まりです。

パスポートには、”なぜ省エネが必要なのか”詳しく書かれています。
地球温暖化を防止するには、一人一人が気づき努力する以外にありません。
先日、私はこのパスポートを読み、今まで自分がいかに地球温暖化に貢献していたのかがよく分かりました。今までの分も挽回できるよう、省エネに努めたいです。

このパスポートの発行元は、財団法人省エネルギーセンターですが、弊社にも沢山ございます。
省エネ共和国へ仲間入りをご希望の方にはパスポートを送らせていただきますので、どうぞお申し出くださいませ。

■パスポートのお申し込みは下記まで「パスポート希望」の件名でお願いします。

E-mail:info@kurogome.jp

2005年07月25日 : 12:27 | コメント (0) | トラックバック

猫のブーちゃんが帰ってきました

行方不明になっていた我が家の暴れん坊将軍が、やっと昨夜帰ってきました。

ぜんぜん帰ってこなかったので、捕獲され保健所に連れて行かれたのではないかと、本気で心配していました。あの容姿で首輪も付けさせません。ウロついていたらどこからみても野良にしか見えませんから(笑)

”どこへ行っていたの?”と聞きながら、抱き上げて調べましたが、怪我はなさそうでした。ひもじかったのか慌ててエサを食べに行きやっと一息つきました。

私がソファーに座りくつろいでいると、私の体にもたれ掛かり気持ちよさそうに寝ていました。
安心したのでしょう。

私もホッとした一夜でした。

2005年07月22日 : 18:59 | コメント (0) | トラックバック

ぶーちゃんが行方不明になりました・・・

blog 024.jpg我が家の猫ぶーちゃんが、行方不明になりました。 一昨夜、家の近くで猫のケンカがありました。
多分ぶーちゃんだったと思うのですが、それっきり家に戻ってこなくなりました。泣き声を聞いて急いで”ぶーちゃん、ぶーちゃん”と呼びかけて戻ってくる様に促したのですが、それっきり帰ってこないのです。拾ってちょうど1年になります。生活力旺盛な猫なので、飢え死にする事は多分無いと思うのですが、けがをしているのではないかと心配です。
 
突然、姿を消してしまうといくら猫とはいえいつまでも心残りになります。
どこかで元気で過ごしてくれる事を、ただ祈るのみです・・・・。

2005年07月19日 : 19:25 | コメント (0) | トラックバック

第五回京都エネルギー環境研究会総会へ行ってきました

blog 131.jpg blog 132.jpg

7月16日PM3:00~京都大学時計台記念館2F国際交流ホールでエネカン総会が開催されました。
私は今回初めて参加させていただいたのですが、たいへん勉強になりました。
講演は立命館大学の教授である、周瑋生先生のお話でした。
演題は「エネルギー・環境」から中国を考える-その影と光
いろんな局面をグラフにして説明されました。
今、中国は高度経済成長を遂げようとしています。その躍進の裏で公害問題などが懸念されています。
これからの中国はどうなっていくのでしょう。
また、これからの日本はどうなっていくのでしょう。
いろいろ考えさせられた一日でした。

京都エネルギー・環境研究協会の活動を詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

2005年07月18日 : 17:26 | コメント (0) | トラックバック

悠悠の店の雰囲気が変わりました

blog 130.jpgある日曜日何気なく、デパートをうろついていました。 ふっと目に留まったのが、このスタンド柔らかな光になぜかほっと、するものがあります。早速買いました。そしてお店の前に置いてみました。 ご来店下さるお客様が口々に‘‘これいいですね~‘‘ とか ‘‘これマッチしてますね~‘‘と誉めて下さいます。
あぁー買って良かった・・・。

2005年07月16日 : 09:33 | コメント (2) | トラックバック

浴衣のビックリバーゲン

先日、京都駅前の新阪急ホテルへ食事に行きました。少し時間があったので、売店の辺りをウロウロしてみました。ふと目にとまったのが、浴衣一式4500円の値札。。。( ̄ー ̄)
何回みても4500円と書かれています。浴衣、帯、下駄、巾着袋、腰ひも2本というセットです。
本当にビックリするような値段でした。

京都の夏は色々なところで浴衣を着ていると優遇されます。”浴衣を着ていったらタダ”とか、浴衣を着ていったら2割引”など特典が付いているチラシが目に付きます。
”私が着ていっても、ちゃんとサービスしてもらえるのかしら??”などと考えていると、なんだか欲しくなりました。浴衣の種類は多く、好みの物もあったのですが、帯で気に入った物が無くとても残念でした。
あ~でも買っておけば良かったかも~(^^;

もうすぐぎおん祭りです。皆様も浴衣を着てどうぞおこしやす。

2005年07月13日 : 19:13 | コメント (0) | トラックバック

マクロビオテック講演会が開催されました

平成17年7月7日(木)に静岡県主催の「マクロビオテック講演会」が開催されました。
世界的に有名な久司道夫先生の講演会に参加してきました。

6.GranShip.jpg 7.EastSizuokaST.JPG

私は23歳の時、マクロビオテックに出会って以来35年間、食の理念を普及するために活動してきました。私は、故・牛尾盛保先生からマクロビオテックを学んだのですが、久司先生と出会えるまでに35年の月日が経ちました。

久司先生は、米国で世界平和のための心とからだの健康づくりを理論化されました。世界の食生活の変動をつぶさに見てこられました。先生のお話は、データーに裏付けされた説得力のある、本当に素晴らしい内容でした。今アメリカでの大きな社会問題として、異常肥満が増えているとのこと。久司先生はこのまま行くと、アメリカ大陸が沈むとユーモアたっぷりにお話されました(笑)
アメリカでは代替医療を受ける患者は53%以上になり、代替医学として位置づけされているそうです。ですからアメリカの病院も一層勉強をしなければならないところに来ているとお話しされました。

講演会終了後、久司先生とお話する機会にも恵まれ、とても幸せな一日でした。

2005年07月08日 : 19:41 | コメント (0) | トラックバック

海の釣り堀で

海の釣り堀で、鰤と鯛が釣れました。

一昨々日の夜、次男が会社の方と三重県へ夜半から釣りに出かけました。
そして一昨日の夜、仕事から帰ってきてビックリ!なんと鰤と大きな鯛が2匹も流し台に転がっています!!我が家の暴れん坊将軍である猫のブーちゃんも、そのあまりの迫力にお魚の周りをウロウロ、ソワソワしていました。

私はふだん小魚くらいしか触らないのでどうしたものかと。。。
それで悩んだ末、たまに出前を頼むお寿司屋さんに電話をかけました。
”あのう~息子がお魚を釣ってきたのですが、さばけないのでお願いできますでしょうか?”
と、おそるおそる尋ねてみました。
すると”良いですよ!どうぞ持ってきてください”と、快く引き受けてくださいました。
そして、みごとお刺身になりました。
お寿司屋さんには半分取っていただき、お隣さんにもお裾分けしました。

私は養殖のお魚はあまり食べないのですが、次男がせっかく釣ってきたお魚ですし、食べないとお魚も成仏できないので美味しくいただきました。

2005年07月04日 : 19:11 | コメント (0) | トラックバック

第5回「いいお産の日」のご案内

第5回「いいお産の日」in京都2005
「お産って誰のもの?」

~私と赤ちゃんの力を信じよう!こんなにいるよ応援団~

2005年8月7日(日)午前10:00~午後3:30

ハートピア京都3・4階(京都市中京区竹屋町烏丸東入)

アクセス→京都市営地下鉄「丸太町」5番出口直結

※駐車スペースはありません。地下鉄・バスでお越しください※

(ベビーカー乗入れO.K!!おむつかえ、授乳スペース有ります。)

入場料:無料

子連れ、家族連れ、友だち連れ、そしてもちろんお一人でも、皆さまお越し下さい!!

お問い合わせは いいお産京都事務局までどうぞ 
電話090-8194-9085
ホームページ http://www.geocities.jp/iiosankyoto/
Eメール iiosank@mail.goo.ne.jp

主催 いいお産京都実行委員会 本組織は「いいお産京都」の主旨・目的に賛同する母親と助産師の有志で構成されたボランティアグループです。
共催 社会法人 京都府助産師会
後援 京都市/宇治市/城陽市/社会福祉法人京都府社会福祉協議会/社会福祉法人京都市社会福祉協議会/社会福祉法人宇治市社会福祉協議会/社会福祉法人城陽市社会福祉協議会/京都市教育委員会/京都新聞社

2005年07月03日 : 17:57 | コメント (0) | トラックバック

幼い頃の思い出

blog 122.jpg2~3日前から、庭に”ぎぼうしの花”が咲きました。 好んで植えてきた草花の色が「紫」に集中していることに気づきました。ふじの花、アジサイ、ラベンダー、ぎぼうし、ききょう・・・・・と、 私の好みの色のルーツが何処から始まったのかなぁー・・・と考えてみると、どうやら幼い頃に着せてもらった晴れ着・四ツ身の着物の色が、紫地に鶴が飛んでいる模様で、とてもその着物が大好きだったのです。 50年経ってもその色が私の「脳裏」に鮮明に焼きついています。 京都は着物の街です。私は着物を着るのが大好きなので、手書き友禅を書いてる友達に、つけさげは紫根の色で、さざんかの花をモチーフにオリジナルで作ってもらいました。 又訪問着も薄紫地にボカシを入れて、花模様の着物をつくってもらいました。 たった一枚のオリジナルの着物・・・・なかなか、着る機会に恵まれないのが、とても残念です。

間もなく祇園祭りに大文字の送り火にと、夏を彩る行事にせめて浴衣でも着て、夏の情緒を楽しみたいと思うのです。

2005年07月01日 : 19:31 | コメント (0) | トラックバック

お蕎麦(そば)でダイエット

blog 120.jpg日曜日、私は権太呂へお蕎麦を食べに行きました。
さすがはプロの仕事です!蕎麦のゆで加減が絶妙なんです。

権太呂本店:京都市中京区麩屋町四条上ル
TEL:075-221-5810

私はお蕎麦が大好きで、昔はほぼ毎日、昼食に(年間300日以上)食べていました。
そのお陰か、体重は少女だった頃から5年前まで、一切増えることなく43kgをキープ出来ていました。

最近は、週に1~2回しかお蕎麦を食べる機会がありません。
それが原因か、はたまた中年?になったからか、ここ5年ほど体重が増えよう増えようとするのです。
健康のためにも、またお蕎麦を食べて少しダイエットをしようと思いました。(天麩羅は無しで。笑)

毎日食べても安心なお蕎麦の詳細、ご購入はこちらをご覧下さいませ

2005年06月28日 : 20:16 | コメント (0) | トラックバック

便秘がちな母が

私には今年の4月1日(エイプリルフール)に91才になった母がいます。その母が3日ほど前、転んで大腿骨の骨頭の近くを骨折しました。慌てて様子を見に病院へ行くと、いつも口だけは達者な母が、心なしか元気がありませんでした。「もう、うち(私)後10年は生きれへん」と。。。
なんと、100才まで生きるつもりだったようです(^^;
母は83才の時に、軽い脳梗塞を起こし、入院加療して以来のことです。
手術は昨日しました。しばらくは動けませんが、順調に回復すれば、一週間後からリハビリを進めないと痴呆が出ますと、主治医の説明がありました。
寝たきりになって何が一番苦痛かと申しますと、おそらく排便がうまくいくかどうかでしょう。もともと便秘がちの母は「玄米食をするとお通じが良い」と言い玄米を好んで食べていました。脳梗塞を起こして以来、リハビリセンターに入退院を繰り返してきたので、玄米食をするわけにはいきません。そこでコーボンやグリーンゴールド、黒米母湯などを毎日欠かさず飲んでいました。だから今日もせっせと病室に運んでいます。
痴呆が出る前に早く回復してくれることを願わずにはいられません。

2005年06月24日 : 19:47 | コメント (2) | トラックバック

バンザーイ!?

blog saboten1.jpg blog saboten2.jpg
今日は私の家のサボテンを紹介します。

これは2月頃、我が家にやってきました。その頃にはまだ、両手のように伸びている「芽」など無く、頭に似た「芽」が二つ、真ん中に生えているだけでした。
それがいまや、両手をバンザイと伸ばしているような、現在の姿に・・・。
今、わきの下に生えてきている芽も、しばらくするとにょきにょきと伸びそうです。

2005年06月19日 : 17:59 | コメント (0) | トラックバック

京都栄養化学研究所に行って来ました

blog 116.jpg昨日は、弊社のオリジナル商品である”グリーンゴールド”と”ハトムギゴールド”を製造して頂いている、京都栄養化学研究所を訪問しました。昔、田んぼの中の農道を走ってたどり着いた記憶があるのですが、会社の周りはいつの間にか住宅地に変わっていました。
こちらでの製品製造は、薬を作るのと同じシステムで空調管理がされています。工場の中に入る前に、手を石鹸で洗い、消毒をします。

blog 113.jpg blog 114.jpg
白いマスク、帽子そして上着を身に着けます。 エアーカーテンの中へ一人づつ入り、ほこりを取ってからガラス戸越しに中を見せてもらいました。 大変厳重なチェックと清潔な環境の中で製造されていますので、安心してお召し上がりいただけます。

2005年06月17日 : 21:06 | コメント (0) | トラックバック

梅雨の晴れ間に・・・

私は、日曜日でも普段の生活のリズムは変わらず、5時頃から起きて念入りに家の中のお掃除を始めます。 何しろ猫が3匹いそうろうをしていますので、毎日のお掃除は欠かせません。でもふっと・・・猫がいなかったら家の中を汚す者が居ませんので ”お掃除の回数が減るかも・・・? ” でも、張り切ってお掃除できるのも猫たちのお陰だと感謝している私なのです。

blog 109.jpg庭にはアジサイが咲きました。 一輪ざしに差し、家の中のあちこちに飾りました。スッキリしたところで、キャラのお香もたきました。 そして温めた黒米母湯と小梅干しをいただきながら、静かな朝のひとときを満喫したのです。 

2005年06月13日 : 18:11 | コメント (0) | トラックバック

びわの実が鈴なり!!

blog 105.jpg今朝、初めてびわの実を4ヶ取り初物なので、まず仏様にお供えをしました。今年は、あちらこちらのびわの実が豊作なのでしょうか?小鳥達も、どのびわの実を食べようか迷っているのか、未だ食べに来ている様子がありません。 未だ色がチョット浅いので早いかな?と思いながら1ヶおそるおそる皮をむいて食べてみました!! おう甘い!! 美味しい!!とても満足なのでした。

考えてみれば、庭にびわの種を植えてかれこれ15年になります。根元の幹回りを計ってみたら、なんと28cm余りもありました。 いつの間にか大きく成長し、我が家の家族をじっと見守ってきてくれていたように思います。 夫が19年目に癌を再発させた時、毎日びわの葉を1枚頂いて、お手当てに使わせて頂き、役立たせてもらいました。今はびわの実が、心を楽しませてくれています。 自然の恵みが人を生かします。 よく屋敷内に”なり物を植えるな!”という古いいい伝えがありますがびわの木だけは”役立つ木”として大事に育てて生きたいものと思います。

2005年06月09日 : 17:48 | コメント (0) | トラックバック

黒法師(くろほうし)をいただきました

blog 103.jpg blog 104.jpg

先日配達に行った先のお客様から、大きな鉢植えの植物を頂いて帰って来ました。
見て下さい! 色といい、 姿、 形といい、初めてみる植物です。
あまりお水をあげなくてもよいそうで、私にもってこい?の植物です。
早速お客様にお礼の電話を掛けました。 そして名前も分からなかったので聞いたら その名が”くろほうし” だそうです。  花は咲かないそうですが、葉を土に差すとすぐに根かつくそうです。
さっそく試してみようと思っています・・・。
咲いているのが花だと思っていましたが、まさか葉っぱだったとは。。。
 
 

2005年06月08日 : 12:39 | コメント (0) | トラックバック

猫も掃除機でゴリゴリ

今、犬や猫を飼っていらっしゃる方は、”抜け毛”に困っておられませんか?
私の飼っている「イソ」さんは毛足が長いほうなので大変です。
日曜日くらいはブラッシングをするのですが、普段は忙しくゆっくりブラッシングどころではないのです。
それで、一石二鳥の必殺技をあみ出しました!
イソさんはとても大人しい猫なので、朝、掃除機をかける時、ついでにイソさんもゴリゴリして毛を吸い取ってあげるのです。
blog 101.jpg blog 102.jpg
すると、なんとも気持ちよさそうな顔をして、されるがままにゴロゴロ~ゴロゴロ~。

見てください!かわいいでしょう(笑)

2005年06月04日 : 12:35 | コメント (0) | トラックバック

枇杷の実はおいしく食べて、葉は枇杷葉温圧に

blog 100.jpg枇杷の実がだいぶ色づいてきました。小鳥たちが食べ頃を今か今かと待ちかまえていることでしょう。
枇杷の実を食べた後に、種を4~5個庭の片隅に植えておきますと、必ず翌年には発芽してきます。
とても生命力のある木なのです。

インドのお釈迦様の経典の一つである「大般涅槃経」の中で、枇杷の木は「大薬王樹」、枇杷の葉は「無憂扇」と呼ばれ、それぞれ優れた薬効があると伝えられてきたそうです。

枇杷葉の温灸をしていると、よもぎもぐさの良い香りと心地よさに、とてもリラックスできます。
家庭で手軽にできるのが魅力的ですね。

枇杷葉温圧の詳細はこちらをご覧下さいませ

2005年06月02日 : 16:07 | コメント (0) | トラックバック

イソさんとブーちゃん

blog 098.jpg居候のイソさんは、ウンともニャンとも物言わずただひたすら寝ているだけの猫です。立つ時は、ご飯を食べる時とトイレにいきたくなった時のみで、やんちゃなブーちゃんに頭の上を飛び越えられようと、馬乗りになられようと、我かんせずなのです。

それにしても、怖い顔してますね(^^;

blog 099.jpgそれに比べて、二代目のブーちゃんは野生の猫でした。まさかと思ったら、ヒヨドリを捕まえて頭からバリバリ音を立てて食べてしまったり。。。息子のお昼ご飯に用意した、さんまの開きを一瞬で食べてしまったり。。。だし鰹の小袋を家中にまき散らしたりと悪の限りを尽くしています(汗)
粉ミルクをあげて、缶づめをあげて手塩にかけて一生懸命育ててきたはずなのに・・・どうして?どうして?やはり野良猫の本能なのでしょうか。。。

2005年06月01日 : 18:29 | コメント (0) | トラックバック

現在(いま)を生きる

blog 096.jpg blog 097.jpg

一昨日、京都大学総合人間学部教授のカール・ベッカー先生のお話を久しぶりに聞きました。初めてお会いしたのは6年前になります。とても流暢な日本語で楽しくお話しされるのに大変おどろきました。
私は主人も含め、常に多くの癌患者様と長年関わり、常に”生と死”を見つめて生きてきました。
病に倒れた家族に寄り添って生きることの意味。病に倒れた時、どういう生き方をしたいのかが、どういう死に方をしたいのかにつながります。
全ての人に”死”は訪れます。早いか遅いかは別として、私もそろそろ人生の仕上げをしていかなければならない歳に入ってきています。
そんなことを思いながら一層”今”を一生懸命に輝いて生き、「あ~良い人生だった」と思えるような生き方をしたいと思っています。
カール・ベッカー先生の本2冊を読ませて頂き、とても参考になりました。
元気なうちに是非よんでみてください。

2005年05月30日 : 19:25 | コメント (0) | トラックバック

第15回代替医療利用者ネットワークセミナーへ行ってきました

blog 095.jpg2005年5月28日(土)京都教世会館において開催されました。
1部は代替医療インターフェースの場が設けられ、参加者に黒米母湯(くろごめおもゆ)を試飲して頂きました。飲んでくださった皆様に、「大変おいしい」とのご感想をいただき、嬉しかったです。

2部ではワークショップとして、癒しの音楽”オカリナ”の演奏があり、やわらかな透き通った音色に心が癒されます。

メインの講演会は京都大学教授であるカール・ベッカー先生のお話でした。生と死の研究から「心と生命の深淵を探る」で、臨死体験された患者さんのイメージ映像を紹介されました。

尊厳のある生き方、死に方について考えることの大切さをお話しされました。

2005年05月28日 : 19:12 | コメント (0) | トラックバック

日本綜合医学会50周年記念関西大会のご案内

日本綜合医学会50周年記念関西大会

主催:日本綜合医学会関西部会

第18回研究講演会(一般公開)

緊急提言  心も食も体も根本改革を!(3)

~悪化の一途をたどる心・食・体。これからの日本をどうする!~
------------------------------------------------------------------------------
日時:平成17年(2005) 6月19日(日)

開演:午前9:30~午後5:00(開場午前9:00)

会場:朝日生命ホール(朝日生命会館8F)
    地下鉄「御堂筋線」淀屋橋・12番出口すぐ上
    電話案内 当日のみ(会場着信専用)06-6202-3919  
(携帯)090-1141-6241

参加費:2500円(前売り2000円)

------------------------------------------------------------------------------
○学会頭挨拶  学会頭 南京中医薬大学名誉教授 川嶋昭司

○講演:「心も食も体も根本改革を!」のための四つの健康医学提言
~これからの日本、世界の心・食・体の悪化を防ぎ、向上させるには~
(株)健康能率研究所 代表取締役 医学博士 斉藤英治

○講演:悪化している現代人の健康状態とその対応策
~最近の統計調査の結果より~
(財)生活環境問題研究所付属 健康の森内科診療所 所長 吹野治

○講演:薬を考える
(有)人間医学社 社長 大浦純孝

○講演:血液循環健康法
血液循環療法協会会長 健康科学博士 大杉幸毅

○講演:土と食べ物と健康
NPO法人 日本綜合医学会会長 中嶋常允

○学会頭講演:三つ児の魂百まで(私の教育論~後続篇)
学会頭 南京中医薬大学名誉教授 川嶋昭司

<昼休み>

○本部挨拶
日本綜合医学会副会長 食養学院学院長 種ヶ島永宝

○特別講演:夜明け前になすべきこと  
日本ホリスティック医学協会会長 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一

○特別講演:「食育」は学校給食から
フーズ&ヘルス研究所 代表 幕内秀夫

<休憩>

○特別講演:心あるところに宝あり 
(株)イエローハット相談役 日本を美しくする会相談役 鍵山秀三郎

○会長講演:改革の第一歩はまず食育の徹底から
日本綜合医学会会長 甲田医院院長 医学博士 甲田光雄

第18回研究講演会においでになった方に、「講演抄録集」をお渡しいたします。
ご期待下さい。
-------------------------------------------------------------
■学会頭(医学博士)
川 嶋 昭 司

■大会運営委員長(日本綜合医学会理事)
奥 村 英 雄

■司会(生活環境問題研究所専務理事)
小 山 登

■司会(「医食農共生ひろば」ネットワーク)
小 林 美 喜 子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
朝日生命ホール  朝日生命会館8F
大阪市中央区高麗橋4丁目2-16  TEL:06-6202-3919(直通)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
連絡先:日本綜合医学会関西部会事務局 
中西美代子 TEL:0729-97-5988

2005年05月26日 : 21:10 | コメント (0) | トラックバック

NPO法人京都チャイルド・トラスト 講演会のご案内

◆NPO法人京都チャイルド・トラスト-----第4回子育て講演会のご案内--

 小さな子どもにあたたかい心を育むために
  ご一緒に想いを馳せてみませんか

   子育てには否定されることも、マニュアルもありません。
    ただ、考え違いはしないでおきましょう。

--第4回-----------------------------------------------------------
  橋本武夫先生、仁志田博司先生のおはなし第2弾!!

  テーマ:「子育てにおける躾(しつけ)とは・・・」

  ○橋本武夫先生(聖マリア病院 母子総合医療センター総括・小児科医)
  ○仁志田博司先生(東京女子医科大学総合医療センター所長・教授・小児科医)

------------------------------------------------------------------

 ○日時:6月22日(水)10:00~12:00
 ○場所:キャンパスプラザ京都 5F第1講義室
 ○受講料:2,000円(京都チャイルド・トラスト会員様は無料)
 ○定員:先着200名

------------------------------------------------------
○お申し込み方法

 お名前、ご住所、お電話番号、ご参加人数、
 乳幼児参加の有無をご記入の上、
 下記連絡先までFAXか郵送、E-mailにてご連絡下さい。
 参加証をご送付いたします。


○申込締切:6月16日
------------------------------------------------------

 私たちは、子どもさんとご一緒に、お話をお聴きいただきたいと想っております。
 子どもさんもご一緒にご参加いただけます。
 その際は「乳幼児同伴」とご記入下さいませ。
------------------------------------------------------
○お申し込み先

 〈子育て講演会事務局〉
 〒601-8469
  京都市南区唐橋平垣町68番地 島岡医院内
  FAX 075-682-0663
  E-mail:inf@shimaoka-ob-gy.minami.kyoto.jp

2005年05月24日 : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

カミカミクラブの「免疫アップ」講座に参加しました

昨日は、生まれて初めて一人でJR大阪駅に降り立ちました。
私はほんとうに”箱入り嫁さん”だったので、一人で京都から出たことがなかったのです(笑)

大阪へ行くのは私にとってたいへんな冒険で、でも勇気をふるって頑張りました。
目的の会場まで、歩いて10分程のところなのに、方向音痴の私は何人の人に聞いたことでしょう。。。

昨日私は、「心の医学」セミナーに参加してくださった、口腔歯科医の柳本信雄先生が主催される、カミカミクラブの講座に参加してきました。「歯は全身とつながっている」-系統発生学からみて-というお話でした。
次回の免疫アップ講座は、7月10日「哺乳類のための歯科療法とは」です。
詳細はまた後日に。。。

そして、帰りも大阪駅がどっちかよく判らず、とても不安になりタクシーに乗ると、目の前に大阪駅がありました(笑)
でも、これで自信がついたので、次から大阪へ気軽に行けそうな気がします。

2005年05月16日 : 20:21 | コメント (0) | トラックバック

地獄谷の温泉も見てきました

blog 078.jpg愛の絆は母から子へ
ほのぼのとしたお猿さんの家族愛の姿は、哺乳動物の生きる原点ではないでしょうか。
生まれたその日から、求められるがままに母乳を与え、抱きしめ、子育てします。
命を慈しみ守り育てる心を自然界の動物は知っています。


blog 075.jpg blog 076.jpg

この日は日中の気温が27度もあり、かなり暑かったのですが、このお猿さん達はずっと温泉に入っていました。温泉の温度が低いのでしょうか。。。
普段から顔が赤いので、のぼせていても判りませんから(笑)

2005年05月07日 : 22:03 | コメント (0) | トラックバック

長野県へ遊びに行きました

blog 080.jpgこの連休に長野県へ行ってきました

高速道路からの雪山の眺めです。
5月だというのに、アルプスの峰々は眩しいほど白い雪が残っています。この冬は例年以上に雪が降ったので、まだまだかなりの雪が残っているとのことでした。

標高の低い山々は新緑に満ち溢れ、桜やりんご、ライラックなど、沢山の木々が、草たちが、美しい花を咲かせています。
そのむこうに標高の高いアルプスの山々の大パノラマ。大自然の美しさを満喫してきました。

2005年05月06日 : 19:00 | コメント (0) | トラックバック

一昨日、発見!!新緑の葉っぱの陰に小さな梅の実がいっぱい!!

blog 069.jpg梅の花が咲き、花びらが散って間もなく梅のみがいっぱい出来ていました。すずなりで、今までにない豊作です!梅の木の枝のせんていがよかったのでしょうか?昨年は、ほぼ一升くらい(エッ一升って?そう4kg位、・・・年齢わかりますかねえ!!)取れたので梅干を作りました。無農薬なのでとても安心です。今年は、とてもたくさん収穫できそうなので、梅酒をつくろうと思っています。

又、コーボンで梅シロップもつくろうと思います。コーボンで果実を発酵させると果肉に含まれている果糖がコーボ菌のエサになり、コーボ菌が3倍程増えます。そうです!パワーアップしてくれます。コーボンは整腸作用があり、とても美味しくからだに良いジュースになります。

知らず知らずに毎日食べている食材が、家族みんなの健康につながります。これからの未来のある子供達が心身共に健康な人生を送れるように心配りをすることが、親としての責任だと思います。
いいものを選んで、無駄なく大切にいただきましょう。

天然酵母コーボンの詳細はこちらをご覧下さいませ

2005年05月02日 : 20:01 | コメント (0) | トラックバック

全国1400万人の糖尿病患者・予備群に朗報! 「主食を抜けば糖尿病は良くなる」 

blog 071.jpg糖質制限食のすすめ・京都高雄病院理事長の江部康二先生が書かれた本を読みました。江部康二先生は、京大医学部卒業後東洋医学(漢方・鍼灸)を中心に食養法(玄米食〉心理療法を取り入れ幅広い立場から、臨床活動を行っておられます。
私達のささやかな体験からも、糖尿病患者さんが玄米食をされると血糖値が下がることはよく知る事ですが、今までは低カロリー食の指導がなされてきました。
江部先生は糖質を徹底して減引し、食べて治させようとする画期的な治療方法です。
「糖尿病と診断されたり、予備軍の方は本をよく読んで、是非チャレンジしてみて下さい。」私の身近に知るところで糖尿病から引き起こされる合併症で苦しまれる方を多くみます。失明されたり、片足切断されたり、心筋梗塞になられたりと病状が進むと大変怖い病気ですが、早めに手を打てば必ず治療効果は上り完治させる事が出来る病気です。


blog 067.jpg blog 068.jpg

マクロビオテックの食浅料理として、かぼちゃのいとこ煮は血糖値を下げる働きがあります。この様なメニューで美味しく食べながら病気を治しましょう。

一例・・・昼食のみ玄米ごはんを食べます。献立は~
*ワカメとえのきのみそ汁 *イサキの塩焼き
*かぼちゃのいとこ煮   *タコとキュウリの酢の物 
*ほうれん草のおひたし  *野沢菜のつけもの 

そして、手当ては肝・腎の温冷湿布をされるとより良いと思います。
                  

2005年05月01日 : 19:28 | コメント (0) | トラックバック

春の野山に咲く花

blog 064.jpg春の野山に咲くしゃがの花は、私の好きな花の一つです。

そっと根を抜いて、私の家の庭に植えてみました。

やわらかな、うす紫の花は大地にしっかりと根をおろし群生します。

そんなたくましさも好きな理由です。

2005年04月25日 : 19:23 | コメント (0) | トラックバック

愛・地球博で勉強してきました(4)・吉村正先生のお話

産科医の吉村正先生は、「やれやれ、女にゃかてん・・・」というタイトルでお話をされました。吉村先生は、愛知県岡崎市の吉村医院に併設して、江戸時代の家を移築した「お産の家」という素晴らしい施設を運営されています。妊婦さんはこの古家に集い、薪割りなどをしてお産に臨みます。昔ながらの食べ物を食べ、昔ながらの生活をし、産綱につかまって昔ながらのお産をすると、不思議なことに妊婦さんの誰もが「ツルンと産む」(吉村先生:談)のだそうです。そして、昔ながらのお産をした女性と昔ながらのお産で生まれた子供は、「親子関係が、普通とは全然違う」のだそうです。

yoshimura1.jpgyoshimura2.jpg

しかし、薬やメスを使わない昔ながらのお産には、死の危険が伴います。産む女性も、取り上げる吉村先生も、文字通りの「命がけ」。命の際で子供と向き合えば、子供観、生命観、人生観が変わるのも当たり前だなぁ、と思いました。大変ためになる、面白いお話をありがとうございました。

2005年04月20日 : 15:24 | コメント (0) | トラックバック

愛・地球博で勉強してきました(3)・磯辺善成先生のお話

愛知県安城市で「いそべクリニック」という皮膚科を開業されている磯辺善成先生は「アトピー性皮膚炎について:洗剤の恐ろしさを学ぼう」というお話をして下さいました。
「人間の皮脂には、免疫を強化する働きがある。石けんでそれを流してしまうことは良くない」という理論を実践され、アトピー性皮膚炎を治療なさっています。会場には、完治した元アトピーの患者さん(大人から子供まで)が何人もいらっしゃいました。元・患者さんの可愛い男の子が自分の体験を話す姿に、会場の人は皆、ほほえましい思いで見守っていたようです。

isobe1.jpgisobe2.jpg

※会場の出口で磯辺先生にお会いし、ずうずうしいとは思いながらもアトピー治療のことを質問させて頂きました。先生は丁寧に親切に答えて下さいました。本当に嬉しかったです。
※磯辺善成先生は、この日の市民プロジェクト「子どもすこやかフェスタ~少子高齢に向けて」の総合コーディネータです。2年間の準備期間を経たプロジェクト、お疲れ様でした。

→(4)へ続く

http://www.isobe-clinic.net/

2005年04月19日 : 13:17 | コメント (0) | トラックバック

愛・地球博で勉強してきました(2)・新宮秀夫先生のお話

新宮秀夫先生のお話は「節約の生活に幸せがある:美しい環境を未来の子供と共有しよう」というタイトルです。
新宮先生は現在、若狭湾エネルギー研究センターで所長のお仕事をされています。そのエネルギー研究者の立場から「今のままでは子孫の代まで地球を残すことができない 子供達のために、みんなでエネルギーを節約する暮らし方に変えていこう」と発言されました。会場で頂いた「節約の幸せ名言集」はとても判りやすく面白い資料でした。

shingu1.jpgshingu2.jpg

新宮秀夫先生が選ぶ 節約の幸せ名言集

→(3)へ続く

2005年04月16日 : 12:41 | コメント (0) | トラックバック

愛・地球博で勉強してきました(1)

4月14日、愛・地球博へ行ってきました。私がいつもお世話になっているNPO「京都エネルギー・環境研究協会」の新宮先生が、愛知万博の「市民プロジェクト」でお話をなさるということでお誘いを受け、朝7時台の新幹線で名古屋へ向かいました。

▼万博会場の入り口です。平日というのに人が沢山並んでいます。私もその中の一人です。
banpaku1.jpgbanpaku2.jpg

▼会場からの無料ゴンドラに乗り(ちょっと怖かったです)瀬戸会場へ・・・ゴンドラは落ちることもなく無事に到着しました。
banpaku3.jpgbanpaku4.jpg


▼市民パビリオンは木の匂い一杯のホールです。すてにたくさんの人が、階段に腰掛けてお話を聞いていました。
banpaku5.jpgbanpaku6.jpg

→(2)へ続きます

2005年04月15日 : 18:16 | コメント (0) | トラックバック

京都の桜もよう

今、賀茂川沿いの桜は八分咲きといったところでしょうか。


sakura.jpg


急に暖かくなり、梅の花が散るのと桜の花が咲くのが同時になりました。
明日の日曜日から天気が崩れるそうなので、今夜にでも見に行こうと思います。


哲学の道、おむろの桜、嵐山の桜・・・と、見どころが一杯です!
さて、どこへ行きましょう。。。
私は「団子より花」派なので賑やかなところより、静かなところが好きです(嘘)

では、久しぶりに円山公園の夜桜を見に行ってきます(笑)

2005年04月09日 : 17:31 | コメント (0) | トラックバック

まだ梅の花が咲いてます

hana 015.jpg梅の香よろしく、桜色の梅の花が咲いています。2000円ほどの苗木を買って植えたこの木もいつの間にか成長し、目を楽しませてくれます。

いつもなら、そろそろ桜の花も満開になる頃ですが、今年は寒くかなり遅れそうです。
お花見が大好きな私が一番に行くのは、円山公園の夜桜です。大きなしだれ桜がライトアップされる美しさは絶品です。そして次に行くのは、滋賀県の海津大崎です。琵琶湖の湖面に垂れる桜の美しさは最高で、延々と続く桜のトンネルはお花見を満喫させてくれます。

最近は忙しく、なかなかお花見どころではございませんが、今年こそ無理をしてでも見に行こうと思いました。

2005年04月02日 : 18:24 | コメント (0) | トラックバック

冬のお留守番

♪猫はコタツで丸くなる?!♪

我が家の暴れん坊猫、ぶーちゃんは、余りの寒さに怖気づいたのか、最近は一歩も外に出ようとしません・・・。

そして、エネルギーが有り余っているのか、台所で使うスポンジをくちゃくちゃに噛み千切ってばらまいてみたり、なぜか、かめのこたわしが廊下に転がっていたり・・・??老猫いそさんに、襲い掛かってみたり!と、一日中家でのお留守番に本当やりたい放題です。
おとなしかったのは避妊手術をした後のわずか3日間だけでした。

2005年03月22日 : 18:45 | コメント (0) | トラックバック

ネパールより、よもぎの会の畑美奈栄さんがお越しくださいました。

blog 032.jpgティテパティ よもぎの会の畑美奈栄さんが来店して下さいました。
ネパールで東洋療法(鍼灸・指圧)などの普及しながら、病気で苦しむ多くの人の健康回復に日夜貢献しておられます。

よもぎの会の商品である「よもぎのオイル」を弊社も取り扱っております。そのご縁で、このたび畑美奈栄さんとお会いすることができました。

ネパールという国は私にとって遥か遠い国というイメージでした。その国の文化をいっぱいお話して下さり、昼食をはさんでの会話はとてもとても楽しいひとときでした。知らないことが一杯で驚きの連続です。
実際はもっと厳しいですが、まさに”スローライフで行こう”という概念を地でいっているような国なのですね。雨が降っても洗濯物をあわてて取り入れたりしないのだそうです。又、バスが来なくても来るまでじっと待っている人達なのだそうです。ほとんどの人が裸足の生活を余儀なくされており、そのため冷えが強く、神経痛やリュウマチの疾患がたいへん多いそうです。

よもぎの会の活動はその国にある資源(よもぎや薬草)を使って「もぐさを作る指導をし、輸出して外貨を稼いで、国民の生活の質の向上に役立てようと努力されています。
よもぎの会の活動が、多くの方に共感して頂き、支援の輪が広がることを希望します。詳しくは、相互リンクしていますので、よもぎの会HPを見てください。

もっともっとお話したかったけれど、再会を誓って、お別れしました・・。

2005年03月19日 : 09:59 | コメント (0) | トラックバック

体が疲れた時は、こんにゃく湿布

B-050_l.jpg体が疲れた時に、肝臓・腎臓の温冷湿布をしてみませんか。
私は、若い時に慢性肝炎を患い、その治療のために玄米食をして、蛋白尿は出なくなり、健康体になりました。

しかし、時々どこかに体質の弱さが残っているな、と感じるときがあります。例えば、疲れた時に右の腎臓の辺りがおもだるくなってくると、なんとなく尿の出方が悪くなります。そんな時は肝・腎の温湿布をすると、スーッと毒素が体から抜けていくような感覚があります。そうするとまた不思議と尿の出もよくなるのです。

その日の疲れを、その日のうちにとるように心がけることが、健康に繋がるのでしょう。私にとっては腎臓の重だるさは健康度のバロメーターになっているのです。

疲労感を強く感じられる時、いちど試してみませんか?

コンニャク湿布法より経済的な温湿布の詳細はこちらをどうぞ!

2005年03月13日 : 20:19 | コメント (0) | トラックバック

我が家の猫の食事情

blog 016.jpg歯抜け婆さんの居候のイソさんは、一時、腎臓を悪くし2kgにまで体重が減少し”あわや”というところでした。あわてて動物病院へ連れて行き血液検査を受けました。腎臓は「まだ回復の見込みがある」とのことでした。お薬をいただき、エサに混ぜて食べさせていると見事に回復し元気になりました。
最近では元気になりすぎたのか、それとも老化で耳が遠くなったのか、エサなどをねだる声は凄く大きいのです(^^;

食欲旺盛なチビ猫ぶーちゃんが家族に加わってから、どの子もよく食べるようになり、毎日2缶×3匹=6缶も食べるのです。。。
いつも次男が猫の缶詰を買いに行くのですが、彼はいつも”もう拾ってくるなよ!”が口癖なのです。

でも、ミーミーと鳴く子猫を見ると、ついつい連れて帰りそうになりますよね(笑)

2005年03月12日 : 17:29 | コメント (0) | トラックバック

冷蔵庫の余り物で立派なおかず

さて、昨日もまた、冷蔵庫の野菜ボックスをのぞきました。何を作ろうかなぁ??
人参・レンコン・玉ねぎ・じゃが芋・こんにゃく・土しょうが・菜っ葉いろいろ・・冷凍庫には、牛肉と貝柱がありました。

1.貝柱のクリームシチューをしましょう
人参・じゃが芋・ベーコン・三度豆・ホタテ貝柱、玉ねぎは多い方がおいしいですね。

2.みんなが大好き肉じゃが
人参・じゃが芋・玉ねぎ・こんにゃく、牛肉は半分残しておきましょう

3.牛肉の入ったちょっと贅沢きんぴら
レンコン・人参・こんにゃく・残りの牛肉で

4.ひじきレンコンもできました
ひじき・レンコン・人参・あげで
作り置きは、足りない時のお弁当のおかずにも、夕食の1品としても、助かりますよね。

2005年03月07日 : 18:30 | コメント (0) | トラックバック

春の野草を食べましょう

寒い冬の間に土の中でじっくりエネルギーを貯めていた野草や野菜が芽吹く春です。
春の野草は、ビタミン・ミネラル・酵素・葉緑素を豊富に含みます。野草のアクは、冬の間に滞りがちだった体の中の老廃物の排泄を促してくれます。積極的に取り入れましょう。
おにぎりを持って野山を歩き、野草を摘み、夕食にはその食材が活かされたメニューが並べられる楽しみは格別です。特に野草はてんぷらが一番です。
ふきのとう、野ぶき、よもぎ、甘草、のびる、つくし、たんぽぽ、せり、はこべ、わらび、ぜんまい、たらの芽、うど、花山椒・・・
甘草は10cm位に成長した頃が食べごろ。名の通り甘味があって、柔らかで、胡麻和えにしてもおいしいですよ。
のびるは白い根っこごと抜いて、茹でて、てっぱえに。
つくしははかまを取って、卵とじに。
たんぽぽは葉っぱをきんぴらに、などなど、春をたっぷり味わいましょう。

2005年03月06日 : 22:53 | コメント (0) | トラックバック

愛猫、獲物を捕る

我が家のちび猫ぶーちゃんが、とうとうひよどりを捕まえて、私に見せに来ました!首に鈴をつけようとしても嫌がるのでつけずにいたのですが、早くつけないと被害が増大します・・・。

一代目のぶーちゃんも、よく獲物を捕まえて意気揚々と帰ってきていました。庭にもぐらが転がっていたり、うぐいす、すずめ、ハト・・・と、日常茶飯事でした。先代ぶーは、捕まえてもて遊ぶだけだったのですが、ちび猫ぶーはなんと、シッポ以外全部食べてしまいました!

いくら缶詰のえさをいっぱい食べていても、猫本来の血が騒ぐのですね。。。
本能なんでしょうか。それとも卑しいだけでしょうか。。。

2005年03月05日 : 18:19 | コメント (0) | トラックバック

わくわく ドキドキ

もう早や3月・・。めまぐるしく暦がめくられていきます。今年はどんな年になるのでしょうか?
この歳になって、お仕事を持っていて本当に良かったな~としみじみ思います。社会と繋がっている事により、素晴らしい人との出会いがあるからです。
「人間は一生のうち、逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」
それぞれの専門領域は違うのですが、ある1点が重なるのです。それは、私にとってのキーワードは「遺伝子」となるのでしょうか。

私の仕事は自然食品・健康食品の販売をしております。食品添加物、農薬、化学薬品は遺伝子を傷つけていきます。子孫のために一人一人が心がけ、良い環境づくりをしていかなければならないと思い、啓蒙活動を展開しネットワークを広げています。

京都大学名誉教授 新宮秀夫先生
NPO京都エネルギー環境研究協会代表理事
地球的規模で環境問題が深刻になってきている今、とても身近なところで精力的に活動されています。略にエネカンの会に私も入会させて頂きました。そして、新宮先生も「心の医学」セミナーに参加してくださいました。後で分かったことなのですが、石田先生とも親しく、お互いに交流がおありだったのです。又、エネカンの会の活動もご紹介していきたいと思います。

2005年03月03日 : 18:53 | コメント (0) | トラックバック

インターネットという世界にデビューして

思いがけない縁で、去年の夏の終わりからインターネットにショップを出そうということになりました。
日常の業務をこなしながら、あれやこれやと本当にエネルギーを使いました。そして、やっと1月の中頃にオープンすることができました!

今このブログにたくさんの人が見に来てくださっています。今は一方通行のような状況でこれでいいのかよく分からないままに走っています。でも、インターネットをオープンして、一番嬉しかったことは、サンフランシスコに住んでいる人や、ネパールに住んでいる人とつながりができたということです!

小さな小さな世界で生きてきた私にとって、それは、とてつもなく嬉しい出来事でした。
インターネットが正しことに使われ人が生きていくのに役立ち、いい生き方ができる手助けになって欲しいと心から思います。

私は今「心の医学」セミナーを石田勝正先生と共に講演活動を繰り広げようとしています。「心とは何か」が分かると、「凶悪」な事件も、悲しい「自殺」も、もっと減らせるのではないでしょうか?
「心とは交流するために判断する仕組み」である。そして、その交流を円滑にする潤滑油の役割をするのが、「愛情」だと提唱されています。
マザーテレサも言っています。「無視することが最大の罪悪だ」と・・。

2005年03月02日 : 11:28 | コメント (0) | トラックバック

久しぶりの休日

先日の日曜日は、どこへ出かけることもなく猫3匹に囲まれてのんびり過ごしました。


neko.jpgチビ猫ブーちゃんは、普段あまり家にいない私に寄り添ってうたた寝をしています。
う~ん可愛い! いつも暴れまくりで撫でることも出来ません(^^;

blog 015.jpg居候のイソさんは、何事においても我関せずでいつも寝ています。
今日はイソさんの大好きな、クリームシチューを与えました。今日のイソさんはいつもの寝ている時と違い、鋭い眼差しで一生懸命に食べます(笑)

blog 017.jpgこの猫はどういう事情があったのか、ある日突然私の家の庭に住みつき、いつの間にか家の中へ上がり込んだ知能犯です。だから名前はイソウロウのイソさん以外に思いつかなかったのです。

2005年03月01日 : 11:52 | コメント (0) | トラックバック

子育て支援 ネットワークを広げましょう!

---子育て支援 ネットワークを広げましょう---
特定非営利活動法人 京都チャイルド・トラスト 第2回子育て講演会

小さな子どもにあたたかい心を育むために ご一緒に想いを馳せてみませんか
~子育てには否定されることも、マニュアルもありません。ただ、考え違いはしないでおきましょう。~

テーマ 脳と心のゆがみを正す「子育て力」 その1.新生児~乳幼児期の脳の発達

講師 大島 清 先生 (京都大学名誉教授 愛知工業大学客員教授)

プランナー 島岡 昌幸 先生 (島岡医院院長・産科医)

○日時  平成17年3月13日(日)10:00~12:00
○場所  キャンパスプラザ京都 5F弟1講義室
○受講料 2000円(京都チャイルド・トラスト会員様は無料)
○定員  先着200名
○お申し込み方法
下記連絡先まで、FAXまたはE-mailにて3月5日(土)までにお申し込み下さい。E-mailでお申し込みの場合は、お名前、ご住所、お電話番号、ご参加人数をご記入下さい。参加証をお送りいたします。申し訳ありませんがお電話でのお申し込みはお受けできかねます。悪しからずご了承下さい。

お申し込み・お問い合わせ先 NPO法人京都チャイルド・トラスト 代表理事 渡辺博子
 事務局:〒601-8469 京都市南区唐橋平垣町68番地 島岡医院内
      fax 075-682-0663   E-mail inf@shimaoka-ob-gy.minami.kyoto.jp 

2005年02月16日 : 14:01 | コメント (0) | トラックバック

我が家の猫のぶーちゃんが手術しました。

昨日、生後たぶん半年くらい?(拾ったので定かではない)避妊の手術をするため、獣医さんに連れて行きました。
いつもヤンチャなぶーちゃんも、さすがに術後は元気がありません。時々お腹を切っているのを忘れてか、家の中をダッシュしては、固まっています(笑)

blog 010.jpg

やはり痛いのでしょう「ニャン」とも情けなそうな顔をして、「ぴと」っと私にすり寄ってきます。
ふだんは噛みついたり引っ掻いたりして、ナカナカ撫でさしてくれないので、ここぞとばかりに撫で回しました(笑)

blog 011.jpg

2005年01月29日 : 12:17 | コメント (0) | トラックバック

代替医療ネットワークセミナー

1月23日
カムネット関西主催による
代替医療ネットワークセミナーが開催され私も参加して参りました。

blog 007.jpg blog 006.jpg


【1部】
・代替医療インターフェイスの場が設けられました。
・ワークショップでは「癒しの音楽」で雅楽の演奏を聞かせていただきました。

【2部】 
・講演会は村上和雄先生(筑波大学名誉教授)
・テーマは「健康と遺伝子のなぞを解く」でした。

blog 008.jpg

遺伝子研究に深くたずさわってこられた村上先生のお話は、明るく覇気があり、ユーモアたっぷりでした。
はじめは、糖尿病患者に吉本興業の「笑い」を提供すると「食後の血糖値が下がった」、というお話を披露され、「楽しい治療」を世界に発信したいとおっしゃっていました。

そして、本題は「遺伝子は3%ぐらいしか使われていず、97%は眠っている」というお話です。又、妊娠期間の38週というのは38億年の進化の歴史であるというお話もありました。何気なく過ごしている妊娠期間の一週間が一億年に相当するのだということは、胎児にとって良くないタバコ・飲酒等はとても怖い物なのです。自分自身の努力と、いい環境、ポジティブな想いが遺伝子をONにするそうです。

遺伝子は”居眠りが好き”という説明は弊社主催による、2月13日(日)ぱるるプラザKYOTOで1:00~4:00「心の医学セミナー」の講師、石田勝正先生も以前から”刺激することにより呼び起こされるんだ”と語られています。           

自分自身の体と心を知ることは健康に一歩近づけるものだと思っております。
人間関係に疲れている方、妊娠・出産で育児をひかえている方、病で生きる気力をなくされている方、毎日をもっと活き活きと過ごしたい方等、先生の話を聞いていただくことにより、きっと、気づかれることがあると思います。

今、このときを生きているということはすごいことなのですから、命を大事にして人生を過ごすべきではないでしょうか・・。子孫のためにも、共に勉強し高めあっていきたいものです。       

2005年01月27日 : 14:13 | コメント (2) | トラックバック

仲のいい本当にほほえましいお話

今日、とても嬉しいお電話を頂きました。

暮れに食事相談を受けアドバイスさせていただきました、子供さんが独立して再び二人暮らしになったお客様の体験です。私どものアドバイスを実行されちょうど1ヶ月たった昨日、ご夫婦で背中を流し合っていて、お互い背中のシミが薄くなったことに気づき「肌がきれいになったね」とご夫婦で話し合ったとおっしゃるのです。肌は28日サイクルで入れ替わるといわれています。黒米母湯の摂取他、肝・腎・脾臓の温冷湿布の手当てをしていただいての結果です。

お肌がきれいになってきてくださることもとても嬉しいのですが、仲のいい御夫婦のお姿に触れ合うことが出来、それが、何よりも嬉しくてお知らせさせていただきました。いくつになっても、いえ、歳を重ねるほどにスキンシップを介して互いの愛情を深め合いましょうね。それが1番の幸せ!ですね。。。

2005年01月22日 : 10:56 | コメント (0) | トラックバック

食べて治す~NHKの番組を見て

gohan.jpgこの番組は、たくさんの方が見られたと思います。ある病院の患者さんの記録です。

70歳代の男性が、他の病院で「2ヶ月間点滴のみ」の治療を受けてこられ、転院されてきました。その頃には、もうベットで寝たきりで、ほとんど反応もなく、生気もなく、ただ、「生きながらえているだけ」というような状態だったそうです。

その病院では、医師・看護師・栄養士などのチームを作り、なんとか口から物を食べさせる工夫と努力をされていました。特に筋力が弱っていると物をうまく飲み込むことが出来ず、気管に入り、肺炎を起こしやすくなります。それを避けるために、スープをゼリーで固めて食べさせてあげ、誤飲することなく胃に入れてあげるのです。

口から物を食べなくなると、腸内常在微生物叢が枯れて機能が衰え、小腸の絨毛も破壊され、免疫力も落ちてしまうのです。でも口から物を食べさせてあげると、生きる力が湧いてくるのです。食べる味わうという行為は食欲と密接な関係があり快感とも結びついているので、その結果として生きようとする意欲が沸いてくるのです。

手間はかかるけど言葉かけをしながら一さじ一さじ食べさせてあげる、職員の方々の努力が実りリハビリ効果も高まり、その患者さんは元気に退院することが出来ました。
その様な病院の努力の結果、多くの患者さんの入院日数も短縮されその結果ベットの回転数も高まり病院の増収につながったと報告されていました。

命がある限り人間性をそこなうことなく人として尊厳のある生き方が大切だと思います。
今、全国で30%位の病院が取り組んでいるようです。「医療の原点」を感じるいい番組でした。

2005年01月19日 : 12:22 | コメント (0) | トラックバック

最近読んだ本

昨年、ベストセラーにもなったGood Luckを次男に勧められました。
「えらいこと感動した!涙が出た!!」と熱く語るので読んでみました。

50カ国で売られてるだけあり、なかなか考えさせられる内容でした。

四つ葉のクローバーを手に入れるための工夫。。。
なるほど。勉強にまりました。

生き方や物事の考え方を、分かりやすく教えてくれる良い本でした。
あ~もっと早くにあの本を読んでいたらな~。(50年くらい前)

悔しいので、こんな鉢植えを買いました。

blog 002.jpg

oxalis】 よく見ると四つ葉じゃないし。。。(笑)
黄色くて可愛い花が咲くそうです。

2005年01月03日 : 11:15 | コメント (2) | トラックバック

猫正月?なんじゃコレ

わが家には現在ネコが三匹も居候しています。
どの子も由緒正しい雑種で、とても可愛いのです。

エサだけ食べに帰ってくる子や、トイレと食事以外はずっと寝てる子や、
どうしたら、こんな柄になるのか悩んでしまう子達です(笑)

blog 005.jpg blog 004.jpg blog 003.jpg

一番個性的な柄の子猫(名前はブーちゃん)は、生後まもなく捨てられたネコで、私がずっと粉ミルクで育てました。母親から早く引き離された子猫は、死ぬまでオッパイをまさぐり飲む仕草をします。
遺伝子に組み込まれた本能を感じ、愛おしくてなりません。

2005年01月02日 : 10:52 | コメント (0) | トラックバック

賀正

明けまして、おめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず、
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、
久しくとどまることなし。
世の中にある人と栖と、またかくのごとし。
「方丈記」より

blog 001.jpg

京の都も、大晦日にとうとう雪が降りました。
私の店から歩いて5分くらいのところに、伏見桃山城が凛とそびえたっています。
お城も雪化粧し、やっと冬になったなと思いました。

2005年01月01日 : 09:14 | コメント (0) | トラックバック

今年を振り返って

今年を振り返ってみて皆様はどのような1年でしたか?
 自然食品・健康食品の店を開店して26年目に入りますが、今年はその節目にふさわしく、世界的に有名な免疫学者の安保徹先生と、石田勝正先生・今中孝信先生お招きし、新年の集いを開催しました。

kouen 002.jpg kouen 001.jpg kouen 003.jpg

 学問の面からの”免疫学” ”心の働きと免疫”は、ストレスの多い生活を見直す重要性を深く学んだすばらしい講演でした。このときのビデオテープがありますので、ご覧になりたい方はいつでもお申し込み下さい。送らせて頂きます。
 
 この時は、127食の玄米食弁当を用意しました。

kouen 004.jpg

 その後の先生からのメッセージに「濱田さんの情熱に感心しました。今中先生、石田先生はいいですね。希望がわいてきます。」とFaxが入りました。ほんとうにうれしく幸せでした。

安保徹先生の本
book 001.jpg book 002.jpg book 003.jpg

石田勝正先生の本
book 004.jpg book 005.jpg book 006.jpg

今中孝信先生の本
book 007.jpg book 008.jpg

それぞれの先生方が執筆された本で、私の店の原点であり、また指針になる本です。
ぜひ、ご一読ください。

私の店でも売っておりますので、お気軽にご注文ください。

2004年12月31日 : 11:33 | コメント (0) | トラックバック

とんぼの願い

クリスマスのプレゼントにこんな本はいかかがですか?

book.jpg

「とんぼの願い」作者:高橋えみ子 絵:天野聡美
高橋えみ子さんは、東京の一心病院の小児科の医師です。診療の他に「胎教のススメ」や子育て支援活動を行っていらっしゃいます。

又、親を亡くした子供達の教育支援をしている「あしなが育英会」のサポーターの一人でもあります。この「とんぼの願い」の本を買っていただくことにより、印税が「あしなが育英会」の方へ寄付されることになっています。

優しい、ほのぼのとした絵と文がしみじみと心に伝わり涙がこぼれます。
小学生のお子様をお持ちの方にお勧めします。お孫さんにもどうぞ。
1冊 1470円(税込み)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/483555812X/qid=1103684993/249-0237261-4045110

2004年12月22日 : 11:59 | コメント (0) | トラックバック

武久源造~シューベルトの世界~を聴き入って・・・

 12月12日私は光の音符主催の演奏会に行って参りました。
 武久源造さんは全盲の方ですが、ピアニストとして関東のほうで
活躍されています。
 光の音符は、障害のある人とない人が、共に優れた芸術を享受する機会を
提供し音楽を通して社会ノーマライゼーションの実現に向け京都を中心に
日本各地で様々な活動を続けておられます。
 武久源造さんの奏でられる「シューベルトの世界」の重厚なピアノの響きを
たんのうさせて頂きました。
 関西では初めての演奏会だったそうです。
 光の音符は、インドの貧困や病気の渦中にある子供たちへの教育支援事業
に取り組んでおられているそうです。
 それでは武久源造さんのプロフィールをご紹介しましょう。
  
 ~武久源造~
 東京芸術大学大学院終了。1984年より国内外で演奏活動を開始。
 チェンバロ、オルガン、ピアノなど各種鍵盤楽器を駆使し中世から
現代まで幅広くさまざまなレパートリーを持つ。1986年より作曲、編曲作品を発表。
1991年から数々のcdをalm recordsよりリリース。いずれも高い評価を得ており、
cd「鍵盤音楽の領域vol・~vol・6」、オルガン作品集「最愛のイエスよ」、チェンバロに
よる「ゴールドベルグ変奏曲」、j・s・バッハ「オルガン曲集vol・1」など多数が
「レコード芸術」誌の特選盤となる。
 2000年に楽器及び声楽アンサンブル「コンヴェルスム・ムジクム」を結成、
指揮・編曲活動にも力を注いでいる。著書に「新しい人は新しい音楽をする。」
(アンクル出版企画)がある。フェリス女学院音楽学部学科講師。  

2004年12月17日 : 09:33 | コメント (0) | トラックバック

なんか おかしい!!

 私の家の小さな小さな猫のひたい程の
庭に今、ピンクと白のコスモスの花が咲いています。 
 一度秋に咲いて枯れたのですが、又暖かくなって
つぼみをつけ、咲き始めたのです・・・

cosumosu.jpg

 ピンクのさざんか、寒椿と冬の花も咲いている
ところに白い雪柳の花も咲きラッパすいせんまで
つぼみが膨らんできました。
 秋・冬・春の花々が一度に咲くなんて・・・
こんな事は始めてです。

kantsubaki.jpg sazanka.jpg

 皆さんのお庭にも何か異変がおきていませんか?

hana 001.jpg senryo.jpg

2004年12月15日 : 11:54 | コメント (0) | トラックバック

「心の医学」セミナーについて

flower04.jpg


今日、私は大忙しです。
平成17年2月13日(日)に行う「心の医学」のセミナー開催にあたり
、チラシづくりやあちこちのボランティア活動をされている方達に、
支援をお願いしたりしています。

一人でも多くの方に、私どもが開催するセミナー等にご参加いただき
、しがらみのない根源的な情報を学び、幸せで豊かな人生を過ごして
いただければと、願って止みません。

詳細は「心の医学」セミナーをご覧下さいませ。

2004年11月26日 : 12:25 | コメント (0) | トラックバック

私の誕生日

flower01.jpg

昨日はいろんな人から、沢山のお花やプレゼントをいただきました。
あ~なんて幸せなことでしょう。

お誕生日を覚えていてくださるだけでもありがたい事ですのに。。。

お店の中はバラやシンピジュウムの甘い香りが漂い、心のこもったプレゼントに酔いしれている私です。

flower02.jpg flower03.jpg

2004年11月24日 : 09:22 | コメント (0) | トラックバック

勤労感謝の日

11月23日は勤労感謝の日で、私の誕生日でもあるのです。
えっ?何回目だって?それはヒ・ミ・ツです(笑)

昔は新嘗祭(にいなめさい)といって、この日は神様に新しい稲の穂をささげ、五穀豊穣に感謝する日なのです。
そんな良い日に生まれたことを誇りに思っています。

日本は稲穂の国です。自社ブランドの黒米母湯(くろごめおもゆ)が一人でも多くの人のお役に立ち、愛されますように。。。

2004年11月23日 : 11:01 | コメント (0) | トラックバック