京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です

トップ » 玄米食のすすめ (5)

オンラインショップバナー

« 玄米食のすすめ (4) | トップページへ | 玄米食のすすめ (6) »

玄米食のすすめ (5) (05)賢い患者になるためのABC・今中孝信先生)

5. 玄米食は生きた完全食
 私なりに、玄米食について考えてみますと、玄米を精米機(せいまいき)にかけずに、丸ごと食べるのがいいのではないかと考えます。
 白米では精白するとき、糠(ぬか)として捨てられた部分に栄養がいっぱい含まれているのです。玄米を水に浸したガーゼの上に置いておけば、発芽してくるだけの力を持っている事を考えれば、納得(なっとく)できます。玄米は生きています。
 私たちの身体は何からできているかといえば、食べ物からできているとも言えます。食べ物が体内で姿・形をかえたにすぎないのです。ですから、甘いものが好きだからといって、甘いものばかりを食べて体を造ることはできません。蛋白質(たんぱくしつ)や、脂肪、カルシウムなどのミネラルも必要です。ところが、食べ物を丸ごと食べますと、いずれもそれなりに完全なものですから、必要なものがすべて含まれていることになります。
 その意味で、玄米食は生きた完全食です。同じことが小魚(こざかな)についても言えると思います。小魚を丸ごと食べれば、筋肉も内臓も骨も食べることになり、必要な栄養分をバランスよく取り入れることができます。
 しかし、小魚といえども生きている時は元気で泳いでいたのです。ある人が、人間は動物植物を含め、生き物を殺して食べて生きているのであるから、食事のとき手をあわせて祈り感謝するのだといっておられますが、まったくその通りだと思います。健康によいからと丸ごと食べるだけでなく、食べ物とした生物の犠牲によって人間は生かされていることを知る必要がありましょう。

2005年03月28日 2005年03月28日 10:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kurogome.jp/cgi-bin/mt/kg-trb.cgi/162

このリストは、次のエントリーを参照しています: 玄米食のすすめ (5):

» 一物全体食〜完全食玄米〜 from 福井発 玄米・コシヒカリ・キヌヒカリがうまい農家のBlog
「一物全体食」という考え方があります。 簡単に言えば丸ごと食べましょうということです。野菜なら皮も葉っぱも、 魚だったら頭から尾っぽまで、お米だった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月28日 14:47

この記事へのコメント


はじめまして、maisenと申します。
丸ごといただく、とても大切なことだと思います。丸ごとでひとつの生命体を形作っているわけですから、それを切り分けるということはバランスを崩すということになります。バランスの悪いものを食べることが人にとってよいとは思えません。
お米であればやはり玄米を食べるべきだと思います。
感謝

投稿者 maisen : 0年月日 :

maisenさん、はじめまして。
なんでも丸ごと頂くのは本当に大切であり、自然なことです。私は昔セキセイインコを飼っていました。普段は殻付きのエサを与えていたのですが、知人から「散らからなくて便利だと」剥きエサを頂きました。早速それも与えたところ、なんと殻付きのエサしか食べないのです。剥きエサだけを与えるともちろん食べますが、両方ならべると何回ためしても殻付きのエサを食べるのです。
本来、動物は自分にはどの食べ物が必要なのか知っているのです。
現代人は忙しさのあまり、利便性にばかり気を取られ大切な本能を鈍らせてしまったのではないでしょうか。

投稿者 濱田 : 0年月日 :

ご意見ご感想はこちらから




保存しますか?