京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です

トップ » 第5回”いいお産の日 IN 京都

オンラインショップバナー

« 夏のおそうざい 三色きんぴら | トップページへ | 「 いいお産の日」in京都 2005 大盛況でした »

第5回”いいお産の日 IN 京都 (10)濱田智子の雑記帳)

定着してきました・・・第五回”いいお産の日” 8月7日(日)ハートピア京都において・・・AM10:00~3:30 無料

(有)悠悠も出店しています。生まれたその日から母乳で育てるのは、哺乳動物としての本能です。
オッパイを吸わせることは「育児」でもあり「育自」でもあるのです。
なぜなら、母乳を吸わせることにより母親自身の心も愛に満たされて育っていくのです。
でもオッパイが充分に出ないと母親もイライラし不安になり子育てがしんどいものになります。
手軽に出来る玄米食(黒米母湯)を取ると栄養のバランスが良く母子共に健康な体をつくってくれますしオッパイもよく出るようになります。
私も二人の息子を100%母乳で育てました。母乳は、罹病防止の自然食なのです。

母乳の利点で忘れてならない事は・・・

*母乳栄養の新生児には病原性大腸菌の感染が見られないこと
*敗血症や髄膜炎にかかりにくいこと 

母乳は大腸菌などの侵入を阻止する物質を含有しているのです。
母乳はからだの栄養になり病気への抵抗力をつけ、さらに愛のメッセージになって心を養うのです。
遺伝子を傷つける様な食べ物を極力省いて、心身共に健康な子育てをしましょう。
そして離乳食は黒米母湯をスプーン一さじから与えましょう。

2005年08月05日 2005年08月05日 18:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kurogome.jp/cgi-bin/mt/kg-trb.cgi/289

この記事へのコメント

ご意見ご感想はこちらから




保存しますか?