京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です

トップ » フィットネスクラブでの服装(2)

オンラインショップバナー

« フィットネスクラブでの服装(1) | トップページへ | 第4回「心の科学」勉強会 »

フィットネスクラブでの服装(2) (12)悠々快適・ダイエット&フィットネス宣言)

フィットネスクラブに行く時、外から見える「ファッション」には全然気を遣っていない私ですが、そのぶんシューズにはこだわりがあります。

一番最初、入会を決めたばかりの時は、普通の靴屋さんで「室内用のスポーツシューズ」を買いました。色は黒、靴底はそれなりに厚く、軽くて動きやすそうなスポーツシューズ。うろ覚えですが、5,000円代だったと思います。『運動靴』 はいつも3,000円以下の特価品を選んでいた私にしては思い切った出費でした。

でも、、、通い始めてしばらくすると、もっといいシューズが欲しくなりました。見た目のためではありません。
少しエアロに慣れ、皆と同じ動きをしているのに、何だか私だけが滑っているような気がしたり。私だけが綺麗に回れていないような気がしたり。もしかしてシューズのせい?そういえば、いつもスタジオレッスンで前の方に陣取っている人たちは、ウエブダイバーズ とか、リーボックのナントカ といった、お揃いのシューズを履いています。
それで私も、エアロに特化したシューズを買ってみました。通勤用の革靴より高いだけあって素晴らしい履き心地です。飛んだり回ったりした時の、体に伝わる衝撃が違います。一日に何本も続けてレッスンを受ける人は、それ専用のシューズを選んだ方が体に良いと思いました。

でも、、、このシューズでは、長時間走ることができなかったのです。トレッドミルで20分以上走る頃から足が痛くなりはじめました。それでも、最初に設定した目標の45分間、我慢して走り続けていると今度は腰が痛くなりました。
この腰痛は10日以上治りませんでした。運動の出来ない10日間、「あの時やめておけばよかった」と 自分の引き際の悪さを呪ったものです。
■ここで問題です。腰が完治してから私が取った行動をあててください。


答え・・・スポーツ用品店で、良いランニングシューズを買う
でした。スポーツシューズは衣料品ではなく医療品ですもん。お金は惜しみません。クラブで借りたプライベートロッカーに、エアロビクスシューズとランニングシューズをキープして、いつもベストコンディションで動けるようにしました。今度おこづかいがたまったら、ジャズダンス専用のシューズを買おうと思います(←馬鹿)。

ユイ@TBピープルダイエットフィットネスクラブ 参加中

2005年12月01日 2005年12月01日 11:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kurogome.jp/cgi-bin/mt/kg-trb.cgi/346

この記事へのコメント

ご意見ご感想はこちらから




保存しますか?