京都の健康食品店・代替療法普及センター「黒米母湯の悠悠」がお届けする、健康な暮らしと食生活についての情報です。

トップ » ◆黒米母湯ユーザーズフォーラム

オンラインショップバナー

下痢と嘔吐が辛い時には・・・

昨年も猛威を振るったノロウイルスですが、胃腸炎はなにもノロウイルスだけではありませんし、
特別な病気でもありません。あなたにも経験があるのでは?
下痢や嘔吐が続くと、体力や体内の水分・電解質を奪います。
この場合、幼児・高齢者・衰弱した人には、注意が必要です。

こんな時は無理に高カロリー食やスポーツドリンクをたくさん摂るより、出来るだけ消化によい物を
よく噛んで少しずつ食べるように心がけたいものです。

そこで私がお薦めするは重湯(おもゆ)です。
重湯は消化吸収がよく、昔から身体の弱った方や術後の患者様にも愛用されてきました。

そんな素敵な食べ物ですが、もっと素晴らしくならないものかと、試行錯誤を繰り返し
出来上がったのがこの黒米母湯(くろごめおもゆ)です。
この重湯は、黒米、ハトムギ、玄米を煎じて作りました。
栄養価のとても高い穀物を組み合わせることにより、白米の重湯とはまったく違う
スーパー重湯になったのです。

只今その素晴らしさが医師や管理栄養士を始め、様々な方に注目され多くの方に
愛用されております。
下記はお客様からいただいた喜びのお手紙です。

今後も黒米母湯が一人でも多くの方のお役に立てることを願っております。

-----------------------------------------------------------------------------

前略
先日はありがとうございました。
お陰さまで、子供も元気になり保育園へ行けるようになりました。
黒米母湯のお陰と感謝いたしております。
6日間病院で気管支肺炎のため、入院しており毎日、点滴をして、母乳しか口に入らず
退院してからも、あれこれとするのですが、食欲がなくお味噌汁を少し、お粥を二口と
いった具合で、鉄分不足、貧血といわれて大変心配しておりました。
濱田さんから赤ちゃんにもいいので、お茶代わりに飲んでみたらと言っていただき、
早速その夜スプーンで一口二口とやってみると、初めての味だ思うのですが気に入った
らしく、欲しがるのでコップに入れてやると、自分で持ってゴクゴクと三分の二を飲みました。
次の朝、残りの三分の一を飲ませ、その日は10日ぶりに保育園に行かせました。
保育園できれいな便が出たらしく昼食はお粥を全部、みそ汁、おかずを少しと、10日ぶりに
食欲が出て食べれたようで本当に驚きました。
子供は正直で、よく知っております。
味も、香ばしくなんとも言えない素朴な味でとろみ加減もお茶と変わらず、哺乳瓶でも飲めそうで、
子供にもちょうど良く、これからしばらく続けようと思います。
私も母湯を眺めながら、この中にたくさんの栄養と、そして濱田さんの長年の苦労と愛情が
いっぱい入っているんだなー。ありがたいなーと思いながら頂きました。
アトピーと鉄分不足が少しでも良くなるように続けたいと思ってます。
子供の病気のときに安心していただける商品を見つけたのでとても嬉しいです。
ありがとうございました。

(奈良県:K.Mさん)

-----------------------------------------------------------------------------

他の喜びのお声や黒米母湯の詳細はこちらをどうぞ!→http://www.kurogome.com/

2007年09月18日 : 13:39 | コメント (0) | トラックバック